お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

すべてはモテ顔になるため! 知らないと損する大人女子のための吹き出物対策

ファナティック

若い頃はニキビと呼んでいたのに、いつの間にか吹き出物と呼ばなきゃならないようになってくる……。大人女子の吹き出物は、生活習慣に原因がある場合が多いので、ちゃんとケアすれば出ないようにすることができます。今回は、女性のみなさんがどんなケアをして吹き出物対策をしているのか、詳しく聞いてきましたよ。よく確認して、良くない生活習慣は改めていきましょう。

■体の中からニキビ対策!

・「規則正しい食生活。一番効果がある気がする」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「甘い物を控える。油物を控える」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「チョコレートや市販のルーを使ったカレー(油分が多いもの)を食べない」(32歳/情報・IT/技術職)

・「ヨーグルトや発酵食品を食べて腸内環境をととのえ、便秘にならないようにする」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「辛いものなどの刺激物を食べ過ぎないようにする」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

食べたもので肌がつくられているので、食事に気をつけることは大切です。バランスのとれた規則正しい食事を取ることが一番ですが、難しければ、刺激物を取らないように注意するだけでもいいでしょう。油分の多い嗜好品を取らないようにすることで、吹き出物の原因の一つを排除することもできますね。

■普段のスキンケアが大事!

・「オロナインでニキビ予防」(30歳/生保・損保/事務系専門職)

・「ふき取り化粧水を使う」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「クリームを塗り残さないように平たく全体に満遍なく塗るようにする」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「洗顔をていねいにする」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「化粧水をこまめにぬる」(26歳/その他/その他)

吹き出物は、余分な油分が原因の一つでもありますが、肌の乾燥を補おうとした体の反応の結果でもあります。ちゃんとスキンケアをして水分を補ってあげれば、吹き出物も減っていくでしょう。化粧水で水分補給、美容液や乳液でフタをすることをお忘れなく。

■代謝を上げて不要なものをちゃんと出す

・「汗をかくようにする」(29歳/その他/その他)

・「食べ過ぎたと思ったら食後に30分くらいはその場で足踏みでもいいので動く」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「ヨガ、腸運動」(28歳/その他/その他)

食べ物やスキンケア以外で大切なのが、体の代謝です。老廃物がきちんと排出されるようになっていれば、吹き出物はできにくくなります。運動をしたり、筋肉をつけることによって、代謝を上げていきましょう。年齢を重ねてくると、知らない間に筋力が落ちていることもあるので、意識的に体を動かすことは大切です。

■できちゃったらいじらない

・「食事のバランスを気を付けて吹き出物が出たらいじらずに初期で治すようにする」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「気にしない。気にすると触ってしまって余計にひどくなるから」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

それでもできてしまうのが吹き出物です。生理の周期によってできるという女性もいるでしょう。できてしまったら、できるだけいじらずに、皮膚科に行ったり専用の薬を塗るなどするのがいいでしょう。あとが残らないように、キレイに治したいものです。

男性と顔が近づいたときに気になるのが吹き出物です。もし吹き出物のないツルンとした美しい肌にあこがれがあるのなら、生活習慣全体を見直してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数156件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE