お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 あこがれ女性の条件

あえて晒すのが◎!? すっぴんに自信を持つためにしていること3つ

ファナティック

自分のすっぴんに自信がない、という女性は少なくありません。お肌や、目の大きさなどなど、コンプレックスを抱いている人もいることでしょう。そこで今回は、世の女性たちに、すっぴんに自信を持つためにしている習慣について聞いてみました。

■保湿でぷるぷるのお肌に!

・「毎日保湿をしっかりして日焼け対策を怠らない」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「化粧水をいっぱい使い、肌をぷるぷるにする」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「保湿をしっかりする。紫外線対策をする」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「保湿。肌のキメの維持にも大切なので」(31歳/学校・教育関連/技術職)

お肌の状態は、すっぴんの見栄えを大きく左右する要因です。美しく見られたいのであれば、保湿をしっかりして、肌の状態を向上させましょう。

■あえて差をつけない!

・「普段からナチュラルメイクですっぴんとのギャップを少なくしている」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「メイクでごまかさず普段からすっぴんを晒す勇気をつけること」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「あまり気にしない。普段から極力すっぴんをみんなに見せておく」(33歳/金融・証券/専門職)

・「化粧後とのギャップを作らない」(27歳/情報・IT/営業職)

すっぴんを他人に見せることがとても恥ずかしいという女性の多くは、メイク後と前とでまったくの別人の顔になってしまっていることが多いのかも。普段からすっぴんとあまり変わらないナチュラルメイクをしておけば、そんなことで悩む必要はありません。

■食生活に気を付ける!

・「野菜やフルーツなどビタミンを多く摂取するようにしている」(28歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「美容ドリンクの飲用」(23歳/その他/事務系専門職)

・「いいものを食べる」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「脂っぽい食べ物を控えています。毛穴がひらいてしまいそうです」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

化粧水や美容液で美しさを保つことはもちろん大切ですが、食生活に気をつけて内面からアプローチすることも重要です。体の中からも外からも美しい女性になりましょう!

女性たちがすっぴんに自信を持つためにやっていることは、いかがでしたか? みなさん、普段からこのようなことに気を付けているのですね。「私にもこれならできる!」というものがあった人は実践して、自慢のすっぴんを手に入れてください!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数175件(22歳~34歳の働く女性)。

みんなが読んでる人気記事 あこがれ女性の条件