お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

70%以上の男性が支持! 付き合うなら「泣き言をいう女性」or「ひとりで何でもできる女性」?

蒼井ニイナ

男性だったら好きな人に頼られるのはうれしいもの。何でも自分でこなせる女性だと物足りなく感じてしまいそうなものですが、実際のところはどうなのでしょうか。今回は、メソメソと「泣き言をいう女性」と「ひとりで何でもできる女性」のどちらが好まれるのか、アンケートをとってみました。

Q.付き合うならどちらのタイプがいいですか?
 「泣き言をすぐに言う女性」……24.2%
 「ひとりで何でもできる強い女性」……75.8%

圧倒的に「ひとりで何でもできる強い女性」のほうが優勢でした。最近の年上女性人気の影響でしょうか? みなさん、ある程度はたくましい女性のほうがお好きなようです。では、具体的な理由を「泣き言をすぐに言う女性」から順に見ていきましょう。

<「泣き言をすぐに言う女性」派の意見>

■俺がいなくちゃダメだと思える女性がいい!
・「守ってあげたくなる。弱い人と付き合っている人を助けてあげていた」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「頼られる感じがしてうれしい」(38歳/通信/技術職)
・「自分が守ってあげたいから。ひとりで何でもできる強い人は、自分のことなど必要ないような気がするから」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「泣き言を言うほうがかわいいから」(31歳/情報・IT/技術職)

自分が必要とされ、頼ってくれることをうれしいと感じる男性は、「ひとりで何でもできる強い女性」は選ばないようですね。では、「ひとりで何でもできる強い女性」を選んだ人の回答も見てみましょう。

<「ひとりで何でもできる強い女性」派の意見>

■ポジティブなところが好印象
・「ポジティブで格好いいから」(26歳/農林・水産/技術職)
・「ネガティブな印象を受けないのと、ある程度物事を任せられるのでこちらも自分のペースを保てるから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

いつもネガティブな言葉を発する人と一緒にいると、気疲れしてしまいますよね。自分のペースで何事も意欲的に取り組みたい男性は、一緒にいてストレスが少ないポジティブな女性を選ぶようです。

■一緒にいて楽だから
・「いちいちかまうのが面倒臭いので、ある程度自分でやってくれたほうが楽でいいから」(32歳/電機/技術職)
・「泣き言をすぐに言う女性の相手は疲れるから」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「ほっておいても大丈夫」(33歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

泣き言ばかり言う女性は、相手をしてあげないといけない分、手がかかるので男性側の負担も大きく敬遠されるようです。それに比べて、ひとりで何でもこなせる女性は一緒にいて楽。ある程度放っておいても大丈夫そうなので、忙しい男性には自立した女性のほうが好まれるのかもしれませんね。

■自立していてほしい
・「心強いので」(22歳/食品・飲料/技術職)
・「お互い自立し合った関係でいたいから」(32歳/小売店/事務系専門職)
・「いざというとき頼りになると思うから」(30歳/情報・IT/技術職)

ひとりで何でもこなせる女性のほうが、いざというときに頼りになって心強いと感じるようです。相手を良きパートナーと考え、お互いに自立した関係性を望んでいる男性にとって、程よい距離感があったほうがいいかもしれませんね。

彼に頼ってばかりの女性は、相手の負担になっている場合があるので、甘えすぎには注意が必要です。お互いに支え合っていける関係性こそが、恋愛を長続きさせる秘訣なのです。

(蒼井ニイナ)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数120件(22歳~39歳の社会人男性)。

蒼井ニイナ

大手メディア会社のPR/編集を経て、書籍の編集&ライターに。
数千話に及ぶ世界の童話集や日本の民話集を読んで育った原体験が影響し、本に関わる仕事を志す。
2014年2月に男児を出産し、現在は育児休暇中。産後は子育てやライフスタイル、ファッション、食にまつわる本を愛読。
趣味はフリースタイルの旅で、訪れた国は20ヵ国以上。旅先が舞台となった本を読み進めながら、自由気ままに旅するのを極上の贅沢としている。

書籍紹介サイト「ホンシェルジュ」にて、コラムとインタビュー記事を担当中。
http://honcierge.jp/niinaaoi

この著者の記事一覧 

SHARE