お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

1位は『マルモのおきて』! 「阿部サダヲの演技が光っていた」ドラマ9

藤井蒼/OFFICE-SANGA

今まで気にはなっていたけれど、“詳しくは知らない”、“どんな内容なの?”と疑問に思っていたさまざまなエンタメ情報をご紹介! スキマ時間に読んで、女子会や飲み会での話題にも♪

舞台、ドラマ、映画と幅広く活躍している俳優・阿部サダヲさん。2015年春ドラマ『心がポキッとね』では、「恋も、人生もこじらせた大人」を熱演していましたね。今回は、「阿部さんの演技が光っていた!」と思う作品について、働く女性のみなさんに聞いてみました。

Q.阿部サダヲさんがこれまで出演したテレビドラマで、「彼の演技が光っていた!」と思う作品は?
●1位/『マルモのおきて』……42.1%
○2位/『医龍 -Team Medical Dragon-』……14.0%
●3位/『木更津キャッツアイ』……11.0%
○4位/『タイガー&ドラゴン』……4.9%
●5位/『池袋ウエストゲートパーク』……3.7%
○5位/『心がポキッとね』……3.7%
●7位/『天国に一番近い男 教師編』……2.4%
○8位/『私立探偵 濱マイク』……1.8%
●8位/『ママの遺伝子』……1.8%
※単一回答式・10位以下は省略

◆1位/『マルモのおきて』(高木護役)
・「マルモのやさしさとか不器用さとかコミカルさとかがうまく表現されていてすっかりはまってしまった」(26歳/情報・IT/営業職)
・「彼の出世作だと思う。笑える演技も泣かせる演技も光っていた」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「いいお父さんになろうとしつつも、三枚目になってしまう彼の魅力が出ていた」(28歳/機械・精密機器/技術職)

◆2位/『医龍 -Team Medical Dragon-』(荒瀬門次役)
・「ドラマの中でカギとなる役柄で、役とすごく合っていた」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「医療とかけ離れているイメージだけど、そこを阿部サダヲさんのよさを残しつつ、演じていてよかった」(30歳/マスコミ・広告)
・「いつものキャラとちがう感じがした」(28歳/医療・福祉/専門職)

◆3位/『木更津キャッツアイ』(猫田カヲル役)
・「阿部サダヲさんと言ったら『猫田』!」(30歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「これでクドカン作品には欠かせないと思うようになった」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「話の展開もおもしろくて好きだった」(26歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

1位は『マルモのおきて』でした! 2011年に放送された連続ドラマが好評で、同年と2014年にスペシャル版も制作されましたね。阿部さんのコミカルな演技はもちろん、芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんが演じた子どもたちを思うやさしい表情にキュンとした人も多いのでは?

2位は天才麻酔科医を演じた『医龍 -Team Medical Dragon-』でした。金髪のビジュアルはインパクト大。麻酔をかけるシーンは、手術前の緊張を高めてくれます。

3位は宮藤官九郎さんが脚本を務めた『木更津キャッツアイ』。独特のキャラクターを見事に演じきっていましたよね。『池袋ウエストゲートパーク』と並んで、クドカン作品に阿部サダヲあり! と、多くの人に思わせた作品のひとつなのでは?

阿部さんはこの夏、NHKのラジオ放送開始90年を記念したドラマ『経世済民の男』の第2部「小林一三 ~夢とそろばん~」で主演を務めるそう。現在にも通じるビジネスモデルを作り上げた小林一三氏を、阿部さんがどのように演じるのか楽しみですね!

(藤井蒼/OFFICE-SANGA)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数164件(22歳~34歳の働く女性)。

藤井蒼/OFFICE-SANGA

ラクダをこよなく愛するライター。夢がかなってラクダに接近できたものの、鼻息で威嚇された切ない思い出が……。愛はいつでも一方通行。いつかは規制解除されると信じている。

この著者の記事一覧 

SHARE