お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

DIYがもっと楽しくもっと手軽に! DIYユーザーのためのペンキ用下地壁紙「ワンダーペーパー for DIY」が発売

「ワンダーペーパー for DIY」

ウォールデコレーションストアは、DIYユーザーに特化した、誰でも簡単に貼れるペンキ用下地壁紙「ワンダーペーパー for DIY」を、7月1日から販売する。

【カリスマDIY主婦のアイデアから商品化! 初めてのDIY自作ライトで深める家族の絆! ! 】

「ワンダーペーパー」は、仕上がりの美しさとクラック防止などの機能を兼ね備えたペンキ用下地壁紙。主要ハウスメーカーのモデルハウス累計150棟以上で採用実績があるが、一般ユーザーが貼るには、壁紙の大きさや糊の付け方などにおいて技術的に難しい仕様だった。

今回発売される「ワンダーペーパー for DIY」は、「ワンダーペーパー」の機能をそのままに、DIYユーザーでも簡単に貼れ、あとから剥がせる機能を追加した商品。「PAINTING WALL」を運営する安全塗料との共同開発作だ。

同商品の特長のひとつは、美しい仕上がり。表面の特殊加工により、染み込みが均一なので、10回程度重ねて塗っても色ムラが出ず、滑らかな施工面とマットな仕上がりが得られる。

不織布や洋和紙の素材特性を活かし、ひび割れの原因となる縮みも軽減。強度は、塩化ビニールクロスの約3倍。表面がフラットなので、傷や穴が開いても簡単に直せる。

同商品は横幅が49cmで、従来の「ワンダーペーパー」の半分の幅なので、女性でも簡単に取り扱える。他の不織布壁紙のように壁側に糊を塗って貼ることができ、作業も簡単。さらに、貼ってはがしやすい壁紙糊を使用すれば、後からはがすことも可能なので、賃貸や既存の壁へのペイントにも適している

価格は6,800円(税込)。

貼って・塗って・剥がせる!

(エボル)

お役立ち情報[PR]