お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女のお仕事スタイル

「出産後は前の職場に戻りたくない」約半数も! アラサー女子たちが痛感した現実って?

ファナティック

終電これから産休を取る人も、いつかは子どもを産みたいという人も、気になるのは出産後の働き方。できることなら、なるべく早く復職したい、と考えている人も少なくないのではないでしょうか。では、もし社会復帰できるとしたら、あなたは元の職場に復帰したいですか? 働く女子のみなさんに、現在の考えを聞いてみました。

Q.「出産後のライフスタイル」として望ましいものは、次のうちどれですか?

●元の職場に復帰したい……52.9%
●産前とちがう職場で働きたい……25.2%
●復帰したくない……21.9%

「元の職場に復帰したい」と答えた人が半数以上という結果に。やはり、子どもを抱えて働くのなら、要領を得ている元の職場がいいと考える人が多いみたいです。では、それぞれの理由を聞いてみましょう。

慣れた場所で働きたい

・「理解度にもよるが、子持ちを理解してくれるところであるなら、慣れ親しんだ人もいるし、変えたくない」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「知ってる人たちの中で、知ってる業務をして、少しでも負担を減らしたい」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「業務内容はよくわかっているものが多く、人間関係も新しく構築する手間がないため」(31歳/小売店/事務系専門職)

産後また働くとしても、産休中に仕事をしていないぶん、ブランクは気になるもの。そこでまた新しい環境に移るよりは、よく知っている人たちの中で働きたいですよね。

急に環境を変えたくない

・「出産後の忙しいときに新しい仕事を覚える自信がない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「職場が変わるのはストレスだと思うので」(29歳/その他/その他)

・「新しい職場だと、人間関係も仕事も新しくて育児もストレスがかかりそうで……それだったら、元の職場のほうがいいと思う」(28歳/商社・卸/営業職)

新しい職場だと、仕事内容や人間関係など、一からはじめなければいけませんよね。それを考えると、元の職場に復帰したいという意見になるのも頷けます。

続いて、「産前とちがう職場で働きたい」と回答した人の意見です。

できるだけ負担を減らしたい

・「今の職場だと残業も多いし、早出もあるので一人暮らしで精いっぱい」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

・「営業なので、今の残業や仕事量では家事ができない」(27歳/電機/営業職)

今まではバリバリ働いていたけれど、子どもがいることもあって転職・転属を希望する人も。働けるようになったとはいえ、まだ子どもは小さいですし、帰りが遅くなると心配ですよね。

正社員からパートへ

・「出来れば家の近くでパートなどで働けるといいから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「バリバリ働くのではなく、責任の少ないパート社員とかで働きたい」(33歳/機械・精密機器/営業職)

正社員として毎日働くというよりは、時間の融通がきくパートへと環境を変えたいという人も。子どもに何かあってもすぐに帰宅できたり休んだりできるところが魅力ですね。

最後に、「復帰したくない」と回答した人の意見です。

少しでも長く、子どもと一緒にいたい

・「子育てに専念したい。子どもに鍵っ子のようなさびしい思いはさせたくない」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「子どもの帰りを家で待ってあげたいから」(28歳/金融・証券/営業職)

小さい頃から共働きで、家に帰っても誰もいない……そんな寂しい気持ちにはさせたくないとの思いから、「社会復帰したくない」と回答する人も。

子どもができてもまだまだ働きたい人、そうでない人さまざまな理由が出てきました。それぞれの今ある立場によっては、転職を考えたりパートタイムへのシフトを考える人も多いみたいですね。あなたなら、産後どのように動きますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数210件(22歳~34歳の働く女性)

みんなが読んでる人気記事 女のお仕事スタイル