お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 (PR)マネー女子部

だから貯金上手! 毎月5万円以上貯めている女子が、絶対にやらないこと4つ

ファナティック

「どんなにがんばっても、なかなか毎月の貯金額が増えない」「収入は上がっているのに、その分支出が増えてしまって……」、こんな悩みを持っているなら、貯金上手な人の意見を参考にしたいもの。そこで、毎月5万円以上貯めている働く女子に、「これをやらなければ絶対に貯められる」というコツを聞いてみました。

■銀行の手数料にお金を使わない

・「お金を引き出すのに手数料をかけない。とても無駄なことだと思うから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「何度もATMに行かないこと。私は月1で行って、給料をすべて引き出して、貯金と引き落とし関係などすべて差し引いた額でやりくりするようにしています」(23歳/医療・福祉/専門職)

貯金上手な人からよく「銀行の手数料にお金を払うなんて、もったいない!」と指摘されることはありませんか? 貯金上手な人はATM手数料をなるべく払わないで済むように、工夫している人が多いよう。またその月に必要なお金は一度におろし、その中でやりくりするのも節約・貯金に効果的なようです。

■使うお金・貯めるお金をわけ、貯めるお金には手をつけない

・「給与振込を貯蓄用とその他の2つにして、貯蓄用には手を出さない」(30歳/その他プラスチック製品製造/事務系専門職)

・「なんでもほしいと思ったものをすぐに買わずに、今後給与日までにどのくらい最低限必要なお金があるのかを考えてから買い物をすること」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

貯蓄用のお金には絶対に手をつけないこと。これも一定額以上の貯金を確実に実行するためには、大切なことですよね。そのためには「使えるお金」と「今月の支出見込み」を把握すること。この2つが給料をもらった時点で把握できていれば、自由に使えるお金がいくらまでかが把握しやすくなります。

■カードは切らない、切るなら一括払いで

・「今月分のお金が財布にないときに、クレジットを切らずに我慢する」(28歳/金融・証券/専門職)

・「リボ払い、カード分割払いNG」(28歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

「今月苦しくなったら、いざとなったらカードを使えばいいや」という意識が働くせいか、クレジットカードは無駄遣いを生む温床になる場合が。カードに頼らず、「やりくりは日々の努力で」ですね。また、最悪使わなければならないときは、手数料のかからない一括払いを選びましょう。

■衝動買い・無駄遣いは絶対にしない

・「洋服の衝動買い。洋服は高いうえに、持ちすぎても仕方ないので吟味して買うようにしている」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「無駄なものを買わないこと。ものが増えるのが嫌だし本当にほしいものだけ近くに置きたいから」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

貯金を増やすには、無駄な出費を切り詰めるのが得策。また無駄なお金を吟味することで、本当に自分にとって必要なもの・好きなものが何かわかり、結果的に楽しく暮らせるという意見も。自分にとって価値のあるものだけに囲まれ、しかも貯金もできる暮らしができたら最高かも。

毎月5万円以上の貯金に成功している人は、使うお金に対してかなり厳しい視点を持ち、「無駄なものにお金を使わない」という意識を高く持っている人が多いよう。ぜひ一定以上の貯金に失敗しがちなら、上記の意見を参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数164件(22歳~34歳の働く女性)

みんなが読んでる人気記事 (PR)マネー女子部