お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

そんなに使ってどうするの? 「金銭感覚がおかしい!」と思う人の特徴3つ

ファナティック

何にお金を使うかは人それぞれですが、どう考えても「そこに使う?」と言いたくなるようなお金の使い方をしている人っていますよね。今回は「金銭感覚がおかしいんじゃないの?」と女性たちが感じる人の特徴について聞いてみました。

Q.あなたは、金銭感覚がおかしいと思った人はいますか?

「いる」29.7%
「いない」70.3%

身近に「金銭感覚がおかしい!」と思わせる人がいると回答した人は約3割。では、その人たちのどんなところがおかしいと思うのか聞いてみましょう。

趣味に使うお金がハンパない

・「稼いだお金をすぐ使い切ってしまう。そこそこの収入があるのに毎月のように赤字、趣味に湯水のごとくお金をつぎ込み、金もないのに高級車を買ったり、1、2年くらいで車を買い替える」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「安物の腕時計を集めていることです。収納ケースのほうが高いので、おかしいなと思いました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「車いじりが好きで、毎月数万円もかけているから」(28歳/学校・教育関連/専門職)

給料のほとんどを趣味につぎ込んでしまうような人を見ると「何で?」と思う女性は多いようです。好きなことをやるのはいいけれど、給料に対する割合が大きすぎると、貯金や生活費をどう考えているのかと疑問に思いますよね。

食費にお金をかけすぎる

・「日常の食品を高級スーパーで購入したり、デパ地下だけで済ませたりしている人。どんだけ食費にお金がかかっているんだろうと思った」(32歳/その他/事務系専門職)

・「毎日仕事のときとかに外食ランチして、お金の無駄だなと思う」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「生活費を払わずに、ランチに2,500円」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

毎日節約しながら暮らしている人から見ると、食費を贅沢に使う人とは金銭感覚がちがうと実感してしまうようです。食材はデパ地下、ランチは外食が続くようだと普通は苦しくなるケースが多いですよね。

ブランド物を躊躇なく買う

・「ブランド大好きでお金持ちな彼氏に貢がせているのに、すごくケチで他人には中古のプレゼントをあげるなどお金をかけない人がいたから」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「一晩で10万円をディスカウントストアで使う友人。ブランド物ばかり買っていて、どうせなら正規店で買えばいいのにと思った」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「お金がないのに、結婚式に着用するドレスは有名ブランドのオーダーで100万円使っている友だち」(31歳/その他/その他)

・「会社のお局さんがエルメスのバッグや財布、時計など、どんどん買っていてすごいなって思う」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

ブランド物は確かに質がよくて長く使えるので、長い目で見ればお買い得と言えるのかもしれませんが、給料に見合わないような買い方をする人はやっぱり金銭感覚がおかしいと思ってしまいますね。

どんなお金の使い方をしようと他人が口出しできることではありませんが、そういうお金の使い方をする人とは「ちょっと距離をおこう」と思ってしまうのもホンネ。生活水準がちがいすぎると、遊びに行ったりするのもお互いに気を使ってしまいますもんね。あなたのまわりには、「金銭感覚がおかしい!」と思う人はいますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数209件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年04月25日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE