お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【女性編】デート中、彼が彼女のかばんを持ってあげるのってアリ? ナシ?

ファナティック

バッグ街中を歩く男女、デートをしているカップルは実にさまざまなタイプがいます。手を必ず繋ぐカップル、ちょっと距離をあけて歩くカップルさまざまです。その中でも、まわりから見ていて意見が割れるのが「彼女のバッグを彼が持ってあげているカップル」。今回は働く女性たちに、この行為に対し、どう思うのか率直な意見を聞いてみました。

Q.デート中、街で男性が女性のバッグをずっと持って歩くのは、アリだと思いますか?

「アリ」……27.7%
「ナシ」……72.3%

約4人に1人の女性が「アリ」と答えました。反対派が圧倒的に多いですが、それぞれの意見を聞いてみましょう。

<バッグを持ってもらうのはアリ!派の意見>

優しさの表れでしょ?

・「女性の身体のことを考えてくれる優しさがいい。ありだと思う」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「優しさの表れだから」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「見てて気分のいいものではないけど、以前、腕を怪我して彼に荷物を持ってもらったことがあった。男性の優しさなら、まぁナシではないのではと思う」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

確かに、女性のバッグをすすんで持ってくれる男性には、紳士的な優しさを感じる一面があります。その優しさがうれしい人もいるでしょう。

重いから持ってもらいたい

・「バッグが重いので持ってくれるとありがたいから」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「重いもの持ってくれるのはうれしいし助かるから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ある程度重いときなら」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

「この小さなバッグに一体何が!?」と思うほど、重いバッグを持ている女性からすれば、バッグを持ってくれる彼はありがたい存在ですよね。

では、その真逆の意見を持っている人たちのコメントはどんなものがあるのでしょうか?

<バッグを持ってもらうなんてナシ!派の意見>

彼が彼女に使われているみたい……

・「女>男で平等じゃない気がして、なんか格好悪く見える」(27歳/農林・水産/事務系専門職)

・「自分の荷物は自分で持つ」(28歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「女王様っぽくてやだ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

女王様と従者な関係を楽しんでいるカップルならばいいですが、そうでないのであれば、ちょっと気分のいい図ではないですよね。

バッグも含めてのコーディネートでしょ?

・「何のためのバッグだよ!と思うし、バッグを含めたコーディネートなので自分で持たなきゃ意味がない」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「女性向けデザインのバッグを持つのは似合わないから」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「バッグもファッションの一環だと思うから」(30歳/金融・証券/営業職)

デートのときは、服やアクセサリーだけでなく、バッグだって自己演出のための大切なファクターの一つとして慎重に決めるのに、それを彼に持たせてしまったら、コーディネートも台無しです。

女性たちの率直な意見、いかがでしたか? 今まで彼にバッグを持ってもらっていた人は、今度、彼に「バッグ持とうか?」と聞かれたとき、ちょっと上記の回答を思い出してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月2日~16日にWebアンケート。有効回答数224件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年04月25日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE