お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男性編】デート中、彼が彼女のかばんを持ってあげるのってアリ? ナシ?

ファナティック

ショッピング彼女に対する気配りなのか、デート中にずっとバッグを持ってくれる男性というのがいますよね。今回は、同じ男性としてそういう人に対してどんな印象を持つのか、男性たちのホンネに迫ってみました。

Q.デート中、街で男性が女性のバッグをずっと持って歩くのは、アリだと思いますか?

「アリ」40.0%
「ナシ」60.0%

「アリ」と回答した男性の方が少数派で4割という結果に。では、それぞれの回答について理由も聞いてみましょう。まずは「アリ」派の男性の意見からです。

彼女に重いものを持たせたくないから

・「重そうなバッグを持っているなら代わりに持ってあげたい」(38歳/通信/技術職)

・「重たいものを持たせたくないと思うのは愛の形として普通です。逆に、自分の彼女が重たいカバンを持っているのを何も言わず持たせたままにしていることにどう思いますか? と聞きたいです」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「大きい荷物を持つのなら、あり」(28歳/医療・福祉/その他)

彼女が重いカバンを持っているのに知らんぷりできるほうがおかしいという男性もいるようです。大切な彼女への愛情の表し方の一つとしては、ごく普通のことだと考えているんですね。

彼女がOKなら

・「頼まれたらそうすればいいので」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「拒否されなければいいと思う」(28歳/自動車関連/技術職)

・「女性が持ってほしいと思うのなら、持ってもらえばいいと思うから」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

女性が持ってほしそうにしていたり、「持つ」と言って迷惑がられないようなら持ってあげればよいのではという男性も。彼女の意向が一番大事ということですね。

では、「ナシ」派の男性にも意見を聞いてみましょう。

貴重品を預かるのが心配

・「財布とか大丈夫かな、と思う」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「完全に主導権を握らせてしまうようでどうかと思う。貴重品とかが中にあると、扱いも困るし」(35歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

バッグの中に貴重品が入っていたりしたら、万が一というときに困るという男性も。持ち慣れていない女性用バッグを傷つけたりするのも心配なのかもしれませんね。

尻に敷かれているみたいでイヤ

・「それはやりすぎだし、どこの執事だとツッコミたい」(33歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「女性の性格が悪そうに見える」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「尻にひかれているみたいでいやだから」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

女性の尻に敷かれている、執事みたいに見えるということでイヤだという男性も。持たせている女性が悪くみられることを心配する男性もいるようですね。

重いものを女性が持っているのは大変そうだけれど、尻に敷かれているように見えるのはイヤだし、彼女の印象も悪くなりそうということで男性が彼女のバッグを持つのは「ナシ」という人が多数派という結果に。デートのときのバッグは小さ目で、彼にも気を使わせないようにするのが彼女としての気使いかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年4月2日~16日にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE