お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

社内恋愛希望男子に悲報! 仕事仲間の男性は恋愛対象外だと思う女性⇒83.0%

ファナティック

あなたの身のまわりにもいませんか? 仕事の面では尊敬していて、とても気が合うのに、いざ恋愛関係になったら全然うまくいかずに、社内で気まずい空気を醸し出している人たち(カップル)……。仕事と恋愛はイコールか否か、社会人の女性に聞いてみました。

Q.仕事で気が合う人は恋愛でも気が合う人とイコールでつながると思いますか?

 「思う」……17.0%
 「思わない」……83.0%

そもそも、職場で彼氏を探そうという気がない女性のほうが多いようで、8割以上の女性が「思わない」と回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

<「思う」と答えた女性の意見>

■波長が合うからうまくいく

・「何かの波長が合っているから仕事で気が合っているのだと思います。それ以外の波長も合う可能性も十分にあるのかな~と思います」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「思考回路が似てると思う」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

その人がもともと持っている波長に注目した意見です。波長や思考回路は努力しても変えられるものでもないので、合う人はすべてにおいて合うという考え方のようです。確かに似た者同士なら、仕事も恋愛もうまくいきそう!

■仕事と恋愛は切り離せない

・「仕事のほうが辛いから」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「仕事が生活の大半だから」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

仕事と恋愛をまったくの別物と捉えない人は、仕事で気が合うことのほうが、恋愛で気が合うことよりも難易度が高いと考えているようです。お互いの利害が発生する仕事で気が合うということは、価値観がある程度同じと考えることができます。

<「思わない」と答えた女性の意見>

■プライベートの自分はちがう

・「仕事のテンションとプライベートのテンションはちがうから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「仕事とプライベートは別人かもしれないから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

仕事のときはできる女、プライベートでは干物女。というドラマが流行ったこともありましたが、そのような生活を地で行っている人もけっこう多いでしょう。素の姿を見せたら恋が破たんする可能性も……。

■仕事と恋愛の本質的なちがい

・「仕事は利害があるけど、恋愛はそうじゃないから」(30歳/生保・損保/営業職)
・「仕事ではお金をもらっているが、プライベートはそうではない。そこが一直線上で同じとなると、やはりどちらかがうまくいかなくなるはず」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

利害関係でお互いにメリットがあると判断すれば、仕事上では気が合うこともあり得ます。逆に仕事での価値観を恋愛に持ち込んだときに、うまくいくかどうかは……判断しかねるところです。

社内恋愛がどのようなパターンで進んでいくかということを考えると、仕事で気が合うからという理由で発展する人は実はまれなのかもしれません。多くは毎日会う人が自分のタイプだったとか、仕事の手助けをしてもらったとか、仕事ができる彼にあこがれたとかだと思います。ですが、仕事にしてもプライベートにしても、相手を尊敬する気持ちがあればうまくいく可能性は高くなるでしょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数223件(22歳~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年04月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE