お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性に聞いた! 彼と一緒に寝るとき、彼のどっち側で寝ることが多い?

ファナティック

寝るときは、人それぞれ落ち着く体勢というものがありますよね。ひとりで寝るときだけでなく彼と一緒のときにも「彼の右側が落ち着く」という人もいれば「彼の左側が落ち着く」という人もいるはず。今回は、彼と寝るときにどちら側で寝るのか女性たちにアンケートをとってみました。

Q.あなたは、彼と一緒に寝るとき、彼のどっち側で寝ることが多いですか?

右……39.5%
左……60.5%

少し、彼の左側で寝るという女性のほうが優勢という結果になったようです。では、その位置で寝る理由について左右それぞれの意見を見ていきましょう。まず、彼の右側で寝るという女性からです。

<「彼の右側」派の意見>

■寝相の関係で

・「夫とベッドをくっつけているのだが、自分が右側なので。寝相が悪いので壁側にしたのと、夫の帰りが遅いときに起こされないように奥を選んだ」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「ベッドの右側が壁にくっついていて、彼氏の寝相が悪くて落ちることがあるから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

寝相が悪いので壁側に寝ようとしたら自然と右側になったという人や彼が落ちないようにするには自分が右側にいるのが安心という人も。ベッドの位置によって変わりますが、壁際に寝ていたほうが心配がないという人は多そうですよね。

■彼の寝る位置で決まる

・「壁が左でいつも壁側には彼がいるので」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ベッドが壁にくっつくように設置されていて、彼と壁の間で寝るのが好きなので」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「普段左に顔を向けて寝るので、彼のほうを向きながら寝るとなると、右側になる」(26歳/医療・福祉/専門職)

彼がどちら側で寝るかによって、自分の寝る位置を決めるという女性も。ひとりで寝るときの体の向きのまま彼を見ていたいと思うとこの位置になってしまうという女性は少なくなさそうですね。

では、左側で寝るという人にも理由を聞いてみましょう。

<「彼の左側」派の意見>

■歩いているときも左側が定位置

・「何となく落ち着くから。歩くときも左側のほうが落ち着く」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「一緒に歩くときも、いつも私が左側が定位置になっている」(30歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

寝るときだけでなく歩いているときでも彼の左側が定位置という人もいるみたいですが、同じような理由で寝る位置を決めている人は少なくないかも。彼だけじゃなく友だちや家族との立ち位置も自然に決まってたりしますよね。

■ベッドに出入りしやすい位置だから

・「ベッドの右が壁側なので、なんとなくすぐにトイレにいけたりする側にいたいから」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「ベッドから出やすい側だから」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

目が覚めたときに寝ている彼を起こさないようにベッドから出やすい位置、トイレに行きやすい位置だからという理由で寝る位置を決めている女性もいます。彼を乗り越えてベッドから出るというのは気を遣いますもんね。

<まとめ>

彼のどちら側で寝るかを決めるにはベッドの配置も関係してくるようですが、寝る向きや位置って突然変わると熟睡できなかったりするものなので、みんなそれぞれにこだわりがあるということのようですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年03月20日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE