お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
心地よい暮らし

一人暮らし女子に聞いた! 毎月いくら貯金してる?

一人暮らしというのは、何かと物入りです。実家とちがい、家賃から光熱費まですべて自分で支払い、収入を自己責任で管理しなければなりません。そんな状況で、世の中の働く一人暮らし女子たちは貯金が出来ているのでしょうか?

Q.一人暮らしで毎月いくら貯金していますか?

1位「4万~6万円未満」……33.4%
2位「2万~4万円未満」……28.0%
3位「0~2万円未満」……19.0%
4位「6万~8万円未満」……10.5%
5位「8万~10万円未満」……6.7%
6位「10万~12万円未満」……1.4%

みなさん、頑張って貯金をしているようです。中には、毎月、20万円近く貯金しているという強者も……そこで、女子たちが実践している貯金をするための工夫を教えてもらいました。

■1位/「4万~6万円」

・「毎月の給料から、あらかじめ預金している」(23歳/その他/事務系専門職)

・「給与口座から自動引落になるようにしている」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「自動積み立てで毎月5万円。さらにボーナス全額」(33歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「ウインドーショッピングをしない」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「先にためる口座へ入金する」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「手元にあると使っちゃうから……!」ということでしょうか。給与が入ったら、まず貯金用の口座に入れて、しまえば、なかなか手出しはしづらいですね。

続いて、1位ほどではないけれど、貯金を毎月できている女子たちにもそのコツ、工夫を教えてもらいましょう。

■2位/「2万~4万円」

・「お弁当と水筒持参」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「『毎月○万』と金額を設定しているとプレッシャーになるので、日々節約に努めあまったお金を丸ごと貯金に回すようにしています」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「とにかく節約する、我慢する」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「なるべくお弁当を作る。ほしいものがあったら10日考えてまだほしかったときに買う」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「普通預金だといつでも使ってしまえるので、株や外貨預金にして使えないようにする」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

節約することによって、貯金を捻出している女子が多いようでした。精神的な負担にならないように、臨機応変に貯金するのもいいですね。

続いて、5、6人に1人の女子が当てはまった「0~2万円」というカテゴリーですが、どのような工夫があるのでしょうか?

■3位/「0~2万円」

・「外食はなるべくしないようにしている」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「積み立てしている」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分のほしいと思ったものでも一考してから買うこと。テレビなど、大きすぎてもしょうがないので小さいものを選ぶなど」(22歳/情報・IT/技術職)

小さなことからコツコツと、ちょっとした節約をしたり、我慢をしたりして、余裕があれば貯金に回しているようです。家計に負担が掛かり過ぎない貯金方法かもしれません。

<まとめ>

収入やライフスタイルによって、毎月貯金に回せる額はことなるでしょうが、まったく貯金をしていない、という人は上記の女子たちの貯金術を参考に、まずは小さな額から貯金に挑戦してみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数188件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]