お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

共働きの時代だからこそ慎重に! 「結婚相手に選ぶべき男」3選

ファナティック

学生のころのように結婚を考えない関係であれば、いろんなタイプの男性を選ぶのもありかもしれませんが、結婚となったらそうはいきません。そのときに好きな人となりゆきで結婚したら、後悔してしまうかもしれないですよね。失敗はしたくないからこそ、誰だって相手選びは慎重になるもの。そこで今回は働く女性たちに、結婚相手に選ぶべき男性はどんな人なのか、聞いてみました。

■性格が合う人

・「相手に厳しくない。一緒にいてもつらくないと思う」(29歳/生保・損保/営業職)

・「素直な人。お互いに妥協していかなくてはいけないと思うので」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「思いやりがある。自分が困ったときに助けてくれる人であってほしいので」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「自分にない長所を持っている人。一緒にいたら、自分もそうなれるかもしれないから」(28歳/生保・損保/販売職・サービス系)

どんなに姿かたちがよくても、中身がダメな男性ならあとあと耐えられなくなってしまうかも。だからこそ、性格は結婚において重要なファクターなのです。自分のことを受け入れてくれる柔軟性のある男性が、人気のようです。

■家事ができる人

・「ひとり暮らし経験。家事がひと通りできるから」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「家事をやることを苦にしない方。すべて押し付けられると大変なので」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「両親が共働きだった人は、男性が家事をやることに抵抗がないのでいい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「掃除と洗濯が好きな人。手伝ってもらえたら助かりそう」(31歳/不動産/専門職)

今や、多くの家庭が夫婦共働きをあたりまえにしています。それなのに、「家事は奥さんの仕事だから」なんて言われたらたまりません。2人ともフルタイムで働くなら、家事をするのも2人がいい! それを苦にしない男性が理想ですね。

■価値観が合う人

・「いい意味で古い考え方の人。男が稼いで家庭を支える、という考え方を持っている人。責任感がある人。誠実な人。それが伴っていれば、えらそうにしていてもいい男だなと思います」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「堅実な男性。自分にお金を使いすぎない男性」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「賢くお金を使う人。ケチでも浪費家でもうまくいかないから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「収入が多く人に使うことに抵抗がない」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

高収入を望むのは、もはや現実的ではないのでしょう。堅実な価値観を持っている人、地に足の着いた男性が好まれるようです。

働く女性たちの意見、いかがでしたか? アンケート結果を見ていると、多くの女性が結婚をしても「自分が働き続けること」を前提に答えているようでした。ステキな結婚相手も見つけつつ、結婚してもきちんと働ける職場も見つけられたらいいですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数 女性191件(22~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年03月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE