お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

悲恋女子が切ない! 実らない恋にほんろうされた女性エピソード

ファナティック

泣いている女性恋愛は片思いのときが一番楽しいなどと言いますが、それはその恋が実る前提での話。もしも最初から実らないとわかっている恋に落ちてしまったら……。好きにならなければつらい思いをすることもないのに、なぜ好きになってしまうでしょう。実らない恋を経験した女性たちにエピソードを聞いてみました。

年上男性の魅力にどっぷり

「先生。相手はまったくなんとも思っていなかっただろうけど一生懸命でした」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「社会人になったばかりの頃、仕事ができてファッションセンスがあって、とにかく女性に人気のある先輩社員がいた。入社してすぐ、彼の異動を聞いてがっかりした経験がある」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

「高校の先生に憧れて、バレンタインにチョコを渡してアタックしたが、ありがとうといいながらも相手にしてもらえなかった」(25歳/食品・飲料/技術職)

先生や先輩など、年上の男性がまぶしく見える時期があります。自分よりも人生経験が長くて、いろいろなことを教えてくれる人は、それだけで素敵に見えますね。

好きになってはいけないのに

「既婚者の人を好きになってしまった。奥さんも同じ職場にいたので、そのままの関係で、当然進展はありませんでした」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

「不倫関係をしたことがある。相手に家庭があることは途中からわかっていたが、とにかく相手にはそのことを聞かなかった」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

「いろいろあって、妻子ある人と恋愛をしたことがある。人として尊敬できる人で、たくさん人生の勉強をさせてもらえた」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

実は身近にもけっこう多い、妻子ある人との恋愛。それ以上の発展は望めないものの、実らないことがわかっていて付き合うのは、相当な覚悟が必要。それほど相手を思っているのでしょう。

行動を起こす勇気が持てない

「見ていられれば満足でした……。中学生時代の青春……。でも、いいことないね。反省してます」(28歳/その他/その他)

「中学卒業前に好きになった人に告白できずに卒業してしまい。高校入学後、ブログで相手に彼女ができたことをしった。仲のよい友人だったので思いを伝えることをできずに終わった」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

「外国人との恋」(25歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

勇気さえ持つことができれば結末は変わっていたかもしれない恋。以前は離れてしまえばどこでなにをしているかなんてわからなかったのに、現在はSNSで現状が把握できてしまいます。いいような、悪いような……

恋愛は自分自身を成長させてくれます。たとえ実らなくても、好きになってよかったと思えるような恋をしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月20日~3月6日にWebアンケート。有効回答数243件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年03月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE