お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞いた! 恋愛対象に入るのは正直者な辛口女子orお世辞の多い甘口女子?⇒63.4%で○○女子!

ファナティック

まわりに流されず、自分の意見をズバズバ切りこんでいく「辛口女子」。その物おじしない性格には、尊敬するところも少なくありません。対して、調和を大切にし和やかな雰囲気にしてくれる「甘口女子」。日々の中でも癒やしを与えてくれそうですよね。では、男性の恋愛対象に入るのは「辛口女子」「甘口女子」のどちらなのでしょうか。アンケートでズバリ聞いてみました!

Q.恋愛対象に入るとしたらどちらのタイプの女子ですか?

 「正直者な辛口女子」……63.4%
 「お世辞の多い甘口女子」……36.6%

「正直者な辛口女子」と回答した人が63.4%と多い結果に。みなさん、多少辛口でも素直な子がいいと思っているようです。では、まず多数派となった「正直者な辛口女子」と答えた人の理由を聞いてみましょう。

<「正直者な辛口女子」と回答した人の意見>

■何でも言える関係にしたい

・「本音で話し合えるから」(29歳/その他/事務系専門職)
・「ずっと気を使われるより、正直に何でも言える関係のがいいから」(32歳/小売店/事務系専門職)

正直な女子なら、お互い言いたいことを言える。ということで、選択する人が多くいました。どちらかが遠慮し続けてしまうのも、2人にとって良くありませんよね。

■裏表がなさそう

・「はっきりしていてわかりやすいので」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「はっきり物事は言ってほしいから」(28歳/自動車関連/事務系専門職)
・「何でもはっきりズバズバ言う子が好き。表裏がなさそう」(33歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

思ったことを素直に口にしてしまう辛口女子。そんなところに惹かれる男性も少なくありません。何を考えているのかわからない人よりも、ある程度わかりやすい性格のほうが好まれるのかも。

続いて、「お世辞の多い甘口女子」と答えた人の理由です。

<「お世辞の多い甘口女子」と回答した人の意見>

■褒められたい

・「やっぱり褒められたら気分はいい。褒めてくれたらこちらも相手を褒めやすくなる」(29歳/ソフトウェア/技術職)
・「男は褒められたいし、認められたいから」(33歳/機械・精密機器/技術職)

褒められるとすぐにその気になってしまうのが男性。自分がツライ立場に立たされたときでも、「大丈夫だよ」と言って支えてくれる存在はありがたいのかも。

■辛口すぎるとつらい……

・「せっかく食事に行くのに、文句や批判ばっかり言われても楽しくないから。甘口女子の本心を聞き出す楽しさもあるから」(35歳/機械・精密機器/営業職)
・「あまり辛辣(しんらつ)に言われ続けると萎えるので」(32歳/機械・精密機器/技術職)

素直なのはいいけれど、尖った発言ばかりだと凹む……という声も。ある程度の優しさと、辛口と甘口のバランスも考えておきたいですね。

素直さはいい印象を与えることもあれば、もちろん、その逆にもなる場合もあります。いつもは辛口でも、言っていい場面なのかタイミングを考えることが大切。いつも辛口になるのではなく、たまには甘口なところも見せれば、そのギャップで男性のハートをつかむこともできそうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数101件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]