お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

キーパーソンを攻略せよ! 彼ママに好印象を与えるテク4選

お付き合いしている彼の母親に会ったことはありますか? 将来結婚することを考えると、キーパーソンとも言える彼ママに好かれたいと思うのは当然のこと。今回は、女性たちに彼ママに好印象を与えるテクニックを教えてもらいました!

■おみやげ

・「彼ママの好きなお菓子を持っていく」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「出しゃばりすぎず、ほどよく手伝う、を心がけて行動して、おみやげには彼ママと彼パパ両方に好きなものを用意しておく」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「季節の贈り物を欠かさない」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

もはや定番!? 彼ママが好きな食べ物を持っていくことは大切なよう。おみやげを種に、会話もはずみそうですよね。

■清楚なファッション

・「膝丈のスカートで地味すぎず派手すぎずを心がける」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「とにかく第一印象が大切なので清潔な服装、髪型、化粧をして、あいさつは笑顔でしっかりと」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「コンサバでネイビーを基調とした洋服を着ること。口調がため口にならないように気をつけて、できるだけ沈黙すること」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

派手な格好は禁物です! はじめから個性を出すよりも、彼ママから「この子なら息子を安心して任せられる」と思ってもらえるようにすることが先かもしれません。

■彼を立てる

・「彼のいいところをほめる。食事の方法や服装をキレイめにするなど、育ちのよさをアピールする」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「自分が知っているよさやほかの人からの評判を教える」(24歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「たとえ彼氏を普段呼び捨てでも、くん付けかさん付けで呼ぶ」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

大事な息子が普段何をしているのかは、彼ママも気になっているはず。彼ががんばっていることや、彼のすごいところを教えてあげましょう!

■聞き手に専念

・「彼の幼いころなど、母親しか知らない話を聞く」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「出してきてくれた料理のレシピを聞く」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「彼の普段の生活ややさしいところを伝えつつ、ちょっぴり愚痴も言って対処法のアドバイスをもらう」(26歳/その他/営業職)

自分のことを話すよりも、彼ママのことを話してもらうほうがいいかもしれません。彼の幼いころの話なら、盛りあがりそう!

いかがでしたか? 彼ママからの印象がよければ、結婚もスムーズに進めることができそう。彼との関係はもちろん、彼ママとの関係も大切にしてくださいね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数 女性202件(22~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]