お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

これを言われたら諦めて! 女性が好みじゃない男性からデートに誘われたときの断り方3選

蒼井ニイナ

参加した合コンで全然好みじゃない男性から妙に気に入られてしまい、デートの誘いを断れずに困ったことはありませんか? ほかにも共通の知り合いがいる手前、シカトもできないし……。そこで、働く女性たちに、相手を傷つけることなく、やんわりと断るいい方法はないかを聞いてみました。

Q.飲み会で知り合った、好みではない男性からデートに誘われたらどうしますか?

「とりあえず行く」 48.6%
「行かない」    51.4%

なんと、誘われたら興味がなくてもとりあえず行くという女性が半数という驚きの結果に。男性陣はデートの誘いにOKもらったからといって、舞い上がるのはまだまだ早いってことですね。では、相手からのお誘いをきちんと断る人は、どうやって断っているのでしょうか?

■忙しさを理由にする

・「明日朝早いからかえらないと」(31歳/その他/事務系専門職)
・「残業があり忙しいと言って断る」(28歳/電機/技術職)
・「当面予定がいっぱい」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「仕事が立て込んでて、忙しくなるのでと断る」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

仕事などを盾にして、忙しいと噓をつく人がもっとも多いようです。仕事が忙しさの理由となると相手も誘いづらくなって自然とドロップアウトして諦めてくれそうです。下手に詮索されることもないので、お互いにストレスが少なくてすみそうです。

■遠回しに行きたくないと言う

・「『今度みんなで行きましょう』と言っておく」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「飲み会はあまり好きじゃないという」(27歳/建築・土木/事務系専門職)
・「あまり外に出るのが好きでないことを伝える」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「『ごめんなさい、ちょっと気が進まないので。』やんわりとした口調と表情を心がけながら言う」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

はっきりと行きたくないとは言わなくとも、暗に気乗りしないことを伝えているので、よっぽど空気を読めない人やガツガツ来るタイプの人でない限り、自分は恋愛対象外なのだと悟ってくれそうです。まさにやんわり断るための言い方ですね。

■好きな人がいると言う

・「『好きな人がいるから』という」(28歳/学校・教育関連/専門職)
・「たとえいなくても、『彼氏が居るから』と断る」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「最近彼氏ができたという」(32歳/生保・損保/営業職)

噓でもいいから「好きな人がいる」と伝えて、諦めてもらう方法です。大半の人はこれで引き下がると思いますが、自分にとても自信のあるタイプの人や、押せばなんとかなると思っている肉食系男子にはあまり効果がないのでご注意。

<まとめ>

デートの誘いの断り方、参考になる回答はありましたか? 相手の性格に合わせて、ときには噓を織り交ぜながら、お互いに後味が悪くならないように上手に断る方法を身につけましょうね。恋愛だけではなく、仕事でも役立ちますよ。

(蒼井ニイナ)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2014年1月にWebアンケート。有効回答数211件(22歳~39歳の社会人女性)。

お役立ち情報[PR]