お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

恥ずかしいから! 女性がやめてほしい気になる男性・彼氏の意識高い系言動3選「日々成長がモットー」

ファナティック

受け取り方によっては、ちょっとイラッとする意識高い系の言動。それが気になる男性や彼氏だった場合、やめてほしい、恥ずかしいいう気分になってしまうことも……。そこで今回は、気になる男性や彼氏が意識高い系だったときの気持ちを女子のみなさんに聞いてみました。

■「がんばってます!」アピール

・「自分が勉強しているアピールをして来る。アピールしたいんだなぁと、温かい目で見守って、褒めてあげた」(31歳/学校・教育関連/技術職)
・「自分がいかに仕事ができて、他社から頼りにされているかを聞かされた。ほんとに便りにされる人はもっと謙虚だと思う」(25歳/医療・福祉/専門職)

がんばっていることを褒めてほしいのか、やたらアピールしてくる彼。たまにならばすごいと思えますが、毎日アピールされてくると、うっとうしくなってしまいます。

■「何事も経験」

・「日々成長をモットーにしてる」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「仕事が大変なとき、そのことを言うと、『それも経験になるから』と言われる」(28歳/生保・損保/販売職・サービス系)

「失敗も経験のうち!」とは言うものの、その失敗を次に生かせなければ意味がありませんよね。何度も同じことを繰り返しては「逆に頭悪いのでは?」と思われてしまうことも。

■自分が一番

・「自分のことを本当は誰よりも賢いと思っている」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

うわべだけの知識で、自分が誰よりも知識が豊富だと思ってしまうパターンに女子も引いてしまいがち。こういう人ほど、深いところに質問されるとうまく答えられなかったり、逆切れされてしまったり……。彼への印象は悪くなるばかりです。

■このほか、「恥ずかしい」と思う彼氏のエピソードも

・「キムタクのまねをいつもしているから。似てないのに」(26歳/情報・IT/営業職)

ナルシストな気があるのも、意識高い系の人に多い特徴のひとつなのかもしれません。目指すのはいいですが、そんな自分に酔いはじめたら危険信号です!

やはり、行きすぎた言動には女子のみなさんも「やめてほしい」と思っているよう。もしもそんな男性・彼氏がいるとしたら、直してあげるか、かかわらないほうが無難かもしれません。また、彼が同属嫌悪するタチなら、反面教師役をわざと立たせるのもいいかもしれませんね。とにかく、気になる男性・彼には、第三者的な見解を知ってもらう必要がありそうです……。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数237件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]