お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ココで差が付く! 男性をキュンとさせる絵文字メールを送るコツ3選

ファナティック

メールやメッセージが文章だけだとちょっと素っ気ない感じになってしまいますよね。かといって、絵文字やスタンプだらけだと男性に送るには可愛すぎて人によっては「読みづらい」と思う人も。では、男性をキュンとさせるような絵文字入りのメールを送るにはどんなコツがあるのでしょう。女性たちに聞いてみました。

■ハートマークはポイントを押さえて

・「基本が句読点なのに、一カ所だけハートマーク」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「特にないけど、いっぱい送るとうざいと思ってハートは一個にします」(29歳/生保・損保/営業職)

・「大事なところだけハートマークを入れる。顔文字や絵文字、スタンプはゴテゴテしないような配分にする」(25歳/情報・IT/技術職)

ハートマークは男性をドキッとさせるには効果的ですが、使いすぎると効果も半減。「ここ!」というポイントを絞ってハートマークを送るのが男性をキュンとさせるコツのようですね。

■甘い言葉+可愛い絵文字

・「シンプルだけどかわいらしい絵文字」(27歳/生保・損保/営業職)

・「かわいい顔といっしょに甘えるような言葉」(33歳/金融・証券/専門職)

・「メールの最後に一つだけ可愛い絵文字を入れる」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「可愛い表情の絵文字を送るといいです」(30歳/その他/その他)

ひと目で可愛いなと思える絵文字を送るだけでも男性たちはニヤケてしまうかもしれませんが、それに甘えるような言葉をプラスすると効果倍増。シンプルな絵文字でもきっと目を引くはずですよね。

■感情が伝わるような絵文字

・「ハートなどのあからさまではなく、うれしいなどの間接的な好意を表すもの」(32歳/金融・証券/営業職)

・「わーいと素直に喜んでいる感じが伝わるもの」(25歳/食品・飲料/技術職)

・「笑顔のマークをたくさん送ること?」(31歳/建設・土木/販売職・サービス系)

ハートマークだとストレート過ぎて恥ずかしいと思う女性もいるようですが、気持ちが伝わるような笑顔の絵文字や喜んでいる顔の絵文字を送るというのも目先が変わって良さそうですね。

相手の読みやすさなどを考えると絵文字を多用しないことも大事ですが、文字だとニュアンスが難しいことも絵文字なら一つで伝わることも。絵文字メールを送るときには、ここだけは相手にしっかり見てほしいというところにピンポイントで使うというのがコツのようですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年1月27日~2月4日にWebアンケート。有効回答数192件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]