お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

意外と策士が多い!? 男性が密かに実践する「メールで女性を惚れさせるテク」3つ

ファナティック

最近は直接会うことが少なくても、メールやSNSで繋がりながら親しくなるケースが増えていますよね。そこで今回は男性陣に、「女性を惚れさせるメールやLINEのテクニック」について聞いてみました。

■絵文字やスタンプを使う

・「ハートマークの付いているスタンプを送る。もちろん、スタンプだけでなく文章も」(27歳/自動車関連/技術職)

・「スタンプを多用する。気持ちを伝えるには文字では足りないから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「かわいらしいスタンプを使う」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

今や絵文字やスタンプは、気持ちをより伝えるツールとして、非常によく使われていますよね。女性の好きそうな絵文字やスタンプに気を遣いながらメールしている男性が多いのかもしれません。

■ほめたり気遣ったり

・「とにかく相手を気遣う」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「相手のいい性格の部分をほめまくる」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「とにかくほめる」(28歳/金融・証券/営業職)

ほめられて嫌な気分になる人はなかなかいませんよね? そんな女心、男性たちはしっかりわかっているようです。でも、あまりにもほめられすぎたら、逆に注意が必要かも?

■返事は早めに

・「もらったらすぐに返すということ。それだけ気にかけているということをわかってもらうために」(30歳/学校・教育関連/営業職)

・「返信をこまめにする」(30歳/情報・IT/技術職)

・「まめに連絡すること」(31歳/食品・飲料/技術職)

メールがきたら早めに返事をすることも、大事なこと、と語る男性も多数。こまめに連絡をしてきてくれる男性には確かに好感を持ちますよね。

いかがでしたか? メールのやりとりが好きな女性は多いもの。男性たちの多くは、そのことをわかっていて、女性がうれしくなるツボをしっかり押さえているのかもしれません。ただあまりにも調子がいいメールには、ちょっと注意が必要かもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年1月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]