お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼女の言葉に救われた! オレを変えてくれたひと言「そのやさしさは相手をダメにする」「転職しちゃえばいいじゃない」

森川ほしの/OFFICE-SANGA

親指をたてている女性人間は、ひとりでは生きていけないもの。人と関わり、影響を受け、ときには誰かの何気ないひと言によって、大きく変化することもあります。特に、いつもそばにいる恋人の影響は大きいといえるでしょう。そこで今回は男性たちに、「オレを変えた彼女のひと言」について聞いてみました。

■食生活が変化!

・「『おいしいものを食べたいね』。食べるものの質を選ぶようになった」(38歳/情報・IT/営業職)

お腹がいっぱいになれば何でもよいという人は、意外と多いですよね。しかし、食べることは生きること。しっかり食べものを選ぶことは、大切だと思います。

■オレの人生を決めるのは、オレ

・「あなたがすること、すべてが人生そのものなんだから、自由にやればいいと思うよ」(25歳/農林・水産/技術職)

とても深みのあるひと言。そう、自分の人生を決められるのは自分だけ。こんな素敵な彼女、絶対に手放してはいけませんよ!

■勇気をくれたひと言

・「『○○なら大丈夫だよ』。いつでも味方で、背中を押してくれていたこと」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

何かに迷ったとき、こうして背中を押してくれる人が身近にいると、とても救われます。

■がんばりすぎていたオレ

・「『そんな無理して仕事しなくていい』。けっこうきばって働いて、つっぱっていたので」(35歳/機械・精密機器/営業職)

彼女はきっと、がんばりすぎている彼が心配だったのでしょう。仕事をがんばるのは素晴らしいことですが、無理をしすぎて体や心を壊してしまっては、元も子もありません。

■免許取得のきっかけ

・「『車を運転している人ってかっこいい』と言われ、免許を取ることにした」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

現在は、無事に免許を取得して、彼女とドライブを楽しんでいるのでしょうね。

■叱咤!

・「もっと男らしくして」(32歳/機械・精密機器/技術職)

これを言われたときは、けっこうショックだったのでは? しかし、このひと言によって自分を変えることができたのなら、彼女に感謝ですね。

■アッサリしたひと言に救われた

・「転職しちゃえばいいじゃない」(30歳/医療・福祉/専門職)

転職は人生の大きな転機。簡単に決断できることではありません。それをあえて、こんな風にサラリと言ったのは、彼女のやさしさだったような気もします。

■ときには厳しく……

・「そのやさしさは相手をダメにする」(38歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

たしかに、やさしさが相手をダメにしたり、かえって傷つけたりすることはあります。ただ、それは自分ではなかなか気づけないことなので、このように指摘してくれる恋人の存在はありがたいです。

■意外と見えていなかった、自分のこと

・「『もうちょっと素直になれば』と言われて、少し自分を見つめ直すきっかけがあった」(27歳/金融・証券/専門職)

自分を客観視するのは難しいもの。人に指摘されてはじめて気づくことって、実は多いですよね。

■ありがたい助言

・「『もう少しいろんな人と、つき合ったほうがいいよ』と言われて、それからどんどんつき合いはじめた」(27歳/情報・IT/技術職)

人とたくさん関われば、それだけ世界が広がっていきます。ナイスアドバイス!

■趣味が変化

・「『木の家具がいい』と言われて、木の家具にハマった」(36歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

最終的には、新婚生活をおくる家のために、2人で仲よく木の家具選び……。なんてことになればいいですね。

それにしても、みなさんよい彼女をお持ちで……。名言がたくさん飛び出しました。大切な彼女のひと言だから、自分が変わるほどの影響を受けたという面もあるのでしょう。「口は禍の門」という言葉通り、発言がトラブルを招くケースもあります。しかし、相手がほかならぬ大切な彼なら、ときには思い切って、まっすぐな言葉で伝えるのも大事なことかもしれません。

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数101件(22~39
歳の社会人男性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]