お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

しみじみ美味しい!上質素材を使った味噌汁専門店「美噌元」の「豚肉と玉ねぎのとろとろ味噌汁」

「豚肉と玉ねぎのとろとろ味噌汁」680円

どこにでもある家庭料理ではあるけれど、うまく作るには手間もコツも必要なのがお味噌汁。一人暮らしの社会人のなかには、「最近、美味しいお味噌汁を食べてないなあ」という人も多いのでは? 東京駅すぐそばの商業施設「KITTE」内に、珍しい味噌汁専門店がある。

【おすすめコーヒーショップは全部?オーストラリアのコーヒー文化】

その名も「美噌元」。上質なダシと具材に、全国各地の味噌を使った味噌汁は、体ごと癒やしてくれるやさしい味わいだ。

●ダシと味噌が香る、具材たっぷりのごちそう味噌汁
選べるお味噌汁は、季節メニューも含め5品。なかでも年中味わえる定番品で、名物とも言える人気メニューが「豚肉と玉ねぎのとろとろ味噌汁」680円だ。赤白の信州味噌をあわせて使った万人に愛される味付けで、とろとろに煮込まれた玉ねぎ、豚肉のほか、人参、キャベツ、じゃがいもなどの具材がたっぷり。

水をあまり加えずに煮込んであるため、汁にもダシの旨味や味噌と野菜の甘みがしっかりきいている。

ほっとする味わい深さの秘密は、素材へのこだわりと、丁寧に手間をかけた調理法。化学調味料は一切使わず、鰹節、昆布、いりこから毎日ダシをとっているそう。「お味噌汁の味の決め手である味噌には、特にこだわっています。

メニューごとに違う味噌をあわせて使うことで、より膨らみのある風味に。さらに香りを大切に、注文後に調理し味噌を溶かしています」(運営会社代表・横井さん)

上記のお味噌汁にご飯をセットにすると850円。ご飯には、自家製肉味噌、じゃこ高菜、大根菜鮭炒め、生姜おかか、東京「遠忠商店」の海苔の佃煮、紀州南高梅といったトッピングを1品選んで付けることができる。どれも素朴な味わいながら、ご飯やお味噌汁との相性抜群だ。

比較的入店しやすいのは、平日13時以降。清潔感あふれる店内は一人でも入りやすい雰囲気なので、外食続きで胃が疲れ気味のときなど、思いついたときにふらりと立ち寄れそうだ。

【店舗データ】
店名:美噌元 KITTE GRANCHE店
所在地:東京都千代田区丸の内2丁目7-2 KITTE B1F
営業時間:月~土/10:00~21:00(イートイン20:30まで)
日・祝/10:00~20:00(ラストオーダー19:30)
定休日:KITTEの休館日
HP:http://www.misogen-online.com/
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー】
・しじみエスプレッソ セットに追加で+100円

お役立ち情報[PR]