お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

私はこうして変えました! ダメ男を更生させたオンナのエピソード4選

ファナティック

お付き合いは「いいな」と思って始めるもの。でも、誰から見てもダメ男な彼とお付き合いすることだってありますよね。ダメ男を更正させることはできるのでしょうか? そこで今回は、女性読者のみなさんにこんな質問をしました。

イタすぎる! 過去に付き合って辛かったダメ男の特徴4選 「うそつき」「就職せずパチスロばかり」

Q.付き合っていた彼がダメ男で更生させたことはありますか?

はい 7.3%
いいえ 92.7%

7.3%の女性が「はい」と回答。なかなか苦労されたようですね。さて、どのように更正させたのでしょうか?

■働いてくれるようになった

・「仕事をしなかったけれど、しっかり働くようになった」(25歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ニートを就職させた」(23歳/その他/事務系専門職)

・「資格試験に落ちまくりだったが、勉強するように話しかけ、うからせた」(24歳/医療・福祉/専門職)

食費や生活費は自分で働いて稼いでくれたほうがいいですよね。励ましてくれる女性の存在は大きかったのではないでしょうか。

■お金の管理がうまくなった

・「まったく貯金ができない人だったが、生活を見直させて月10万貯金できるようになった」(32歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「親のすねかじりだったけれど、遠距離恋愛になって、交通費がいるようになったので、初めてバイトをしだした」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「女がいないと生きていけないと言っていたが、私と付き合ったおかげで一人で生きていける男になった」(32歳/金融・証券/専門職)

彼女がきっかけでお金の使いかたがうまくなったようですね。

■服のセンスがよくなった

・「服装のセンスがダサすぎだったのを、自分の好みに仕立て上げセンスを根こそぎ変えさせました」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ファッションセンスがひどかったので教育したらそれなりになった」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「服のセンスがものすごくイマイチだったので、洋服をプレゼントしたり雑誌を見たりして今ではすごくセンスのいい男性になった」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

男性にはいまいちファッションに疎い人もいます。彼がおしゃれになると女性もうれしいですね!

■マイナス面を打ち消した

・「喫煙家を禁煙家に育てた」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「引きこもりがちで大学にもあまり行きたがらなかった人の生活習慣を整えて、アウトドア派にした」(25歳/不動産/事務系専門職)

マイナスとされる面を補正して、生きやすくすることに成功したようです。随分親身になって寄り添ったんでしょうね。愛の力かも。

ダメ男を更生させたオンナのエピソードを見てきました。いかがですか? 意外とわかっていない自分のこと。自分のダメなところに気が付かなかった彼も、彼女がいれば変わるきっかけになるようです。みなさんはどう思いますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月10日~1月24日にWebアンケート。有効回答数232件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]