お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

普通の金銭感覚って何!? 気になる人から恋愛対象外になってしまう男性のNGなお金の使い方4選

大場杏

彼氏彼女の間で、価値観は重要なファクターです。中でも、お互いの金銭感覚のちがいに戸惑ってしまうこともありますよね。ルックスもスタイルもすごく好みで、趣味や話だって合うのに、最終的にはスルーしてしまった……なんて、苦い思い出を抱えている女性もいるのでは? そこで、金銭感覚がちがうだけで「気になる男子→恋愛対象外」になってしまったエピソードを女子に聞いてみました。

Q.気になる男性と金銭感覚のちがいで恋愛対象外になったことはありますか?
「ある」……17.6%
「ない」……82.3%

■ケチとはちがう? 使わなすぎる問題

・「1円単位の割り勘はドン引きでした。そんなに小銭は持ち合わせていません。」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「全然使わなさすぎて服のセンスもダサいし、食事やデートもケチる」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「ランチの1000円が高いと言われたときに、あれっと思った。」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「ケチすぎて、コンビニのパンくらいしか食べない。一緒に暮らすのは不可能だと思った。」(32歳/金融・証券/専門職)

外見に気を使わない人は、彼女が変えてあげれば問題ないと思いがちですが、そこに価値を見出せない彼とは将来はないそうです。こだわりが無さすぎるのもNGなのですね。無駄遣いをせず、すべて貯金していても対象外でしょうか……?

■何そのお金の使い方!? 浪費家貯金ゼロ男子

・「趣味にお金をかける彼で、趣味以外のものにはケチでデートもいつもしょぼかったです。」(32歳/自動車関連/事務系専門職)
・「パチンコなどギャンブルに使うお金の多さに驚いた。パチンコのせいで貯金ゼロだった。」(28歳/医療・福祉/技術職)
・「3万円もするダミーライフルみたいなのを買って、うれしそうにしていたから。」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

趣味関連の出費は、討論必至ですよね。アイドルオタクの人でも、オタクだからではなく金銭感覚についていけないことが問題のようです。お金使いが荒いと将来的に困るので、重視してしまいますよね。そもそも「貯金がない」は最初から恋愛対象外のようです。

■危険! 計画性のない不相応な出費

・「食事に行くお店が庶民的でないこと。収入に見合わない高価な店ばかりのため、浪費癖がありそうだと見切りをつけた。」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「借金があるくせに、服飾にこだわりがあって高いものしか買わない」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「金銭感覚のちがい。給料はたいして多くないのに、見た目を気にして洋服などブランド品や外車を購入。貯金を使い果たすまで、そんなにお金を使わなくていいでしょ……」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「投資が好きだったことです。数百万円の損を出しても、次こそはと諦めない所が怖くなりました。」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

女性は「奢り」か「割り勘」以前に、給与と出費のバランスを見ているようです。収入と出費の比率は重要ですが、見栄っ張りだけはNGな女性が多いようで、女性は現実的だと思わざる負えません!

■理解不能! 育ちのちがいってことでいいですか……

・「高いお店での外食ばかりで、ワインもどんどん注文するし、値段はあまり確認しないし、一緒に行ったみんなの分を払おうとしたときは、こんな大盤振る舞いでは破産すると思った。」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「食べに行くと1万とか平気に使う人」(27歳/商社・卸/事務系専門職)
・「3万もする普通のシャツをポンっと買っていて、自分とは金銭感覚がちがうと思った。」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「彼は実家に給料の三分の一を入れなければいけないくらいの厳しい金銭状態だったため、実家暮らし独身貴族の自分とは金銭感覚が合わなかった。」(25歳/医療・福祉/専門職)

家庭の状況はそれぞれなので、何とも言えませんよね。収入の比率で考えれば、恋愛対象外にはならないかもしれません。個人それぞれで「適正価格」は異なると考えているほうがいいのかも。

いかがでしたか? 合わせられる金銭感覚と、根本的に難しい場合があったように思います。それでも、付き合ってみたら予想外な化学反応が起きて好転するかもしれません。頭だけで考えず、気持ちを優先してみることも忘れずに!

(大場 杏)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数221件(22歳~34歳の社会人女性)。

お役立ち情報[PR]