お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

これをクリアしないとダメなのかぁ…… 女性が結婚に踏み切る最後のハードル4選

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

結婚前は、結婚生活について、あれこれ気になることがたくさん。実際に結婚してみなければわからないことも多いけど、後で「失敗した!」なんて後悔したくないのはみな同じ。そこで今回は、結婚はしたいけどここが気になる、この条件をクリアしてから、など慎重になっていることについて、働く女性たちのホンネを探ってみました。

半数以上の女性が結婚相手に貯金額を正直に言わない理由

■愛があればお金なんて……とはいかない「経済面」

・「自分より収入が多いか」(24歳/医療・福祉/専門職)
・「借金があるかどうかは気になります」(28歳/学校・教育関連/専門職)
・「お金の管理の仕方が雑な人は、結婚後もお金で苦労するのではないのかと心配になった」(33歳/その他/秘書・アシスタント職)
・「金銭感覚が合わない人とは生活できないと思うので、そこは重要だと思っている」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

結婚して生活するのに、お金はなくてはならないもの。借金はないか、貯金はどれくらいか、金遣いは荒くないか……。気になるけれど聞きづらいのも確かです。

■家と家の結婚!? 「相手の親族」

・「自分の家族と合うかどうか」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「相手の両親と同居することになるかどうか気になります」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「相手の親戚など。以前、それで、駄目になったから」(31歳/学校・教育関連/技術職)
・「本人はもちろん、家族や親戚に変な宗教に入っている人はいないか」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

いざ結婚となると避けて通れないのが、相手の両親や家族との関係。義両親がどんな人なのか、特に女性はしゅうととなる彼ママとうまくやっていけるか、気になる人が多いようです。

■将来を見すえた「相手の性格」

・「子どもが好きか」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「暴力をふるわないか」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「ギャンブラー、女好きでないか、マザコンでないかなど」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

一緒に結婚生活を送るうえで、知っておきたい彼氏の性格。あんなに優しくて私に尽くしてくれていた彼が、結婚してから豹変しなければいいけれど……。

■結婚前にわかると安心な「相手の感覚」

・「タバコをやめる」(32歳/情報・IT/技術職)
・「家事を手伝ってくれるか」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「価値観が合うか」(25歳/小売店/販売職・サービス系)
・「ひとりの時間と空間が欲しいことを理解してくれるか」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

生活環境や価値観が合うかどうかは、重要ですね。勢いで結婚したら感覚が全然ちがった……。そんなことがないように、お互いの理解を深めてから結婚したいものです。

ふわふわした恋人時代とちがって、リアルな結婚生活を考えると、クリアにしておきたいことが意外とたくさんあります。とはいっても、あまり構えすぎても前に進めません。収入は波があるかもしれないし、相手の家族とは長い時間をかけていい関係を築ければいい。二人三脚でハードルを乗り越えられるといいですね。

(カンナ マコ/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数219件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]