お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

正直、疲れちゃう……。「障害だらけの恋」と「障害ゼロの恋」、女性がより夢中になると思うのは?

日常のふとしたことや、普段はなかなか聞けないちょっとディープな恋愛観など、イマドキ女子の「みんなはどうなの?」という疑問を2択アンケートで調査しちゃいます!

恋愛がすべて思い通りにいく、というのはなかなかないですよね。付き合うまでの過程に困難があったほうが、より2人の絆を深められることもあるかもしれませんが、それが多すぎるとつらくなってしまうことも。そこで今回は、「恋愛における障害」について、女性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q.付き合うまでの過程で「障害だらけの恋」と「障害ゼロの恋」、あなたがより夢中になると思うのは?
障害ゼロの恋……62.2%
障害だらけの恋……37.8%

「障害ゼロの恋」を選ぶ女性のほうが多い結果となりました! それぞれの意見を見てみましょう。

<「障害ゼロの恋」派の意見>

■障害は障害でしかない
・「障害だらけの恋はお互いにしんどい」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「もう若くないので、障害とか面倒くさいことはなるべく避けたい」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

おだやかな恋愛をしたい女性にとっては、障害だらけの恋はできるだけ避けたいと思ってしまうみたい。

■付き合うことをあきらめてしまいそう
・「自分は弱いほうなので、あまり障害がありすぎると途中であきらめてしまいそうだと思う」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「障害があると萎える」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

障害がありすぎると、途中で「もう疲れた……」とあきらめてしまう女性もいるようです。

<「障害だらけの恋」派の意見>

■障害があるからこそ燃える
・「いろいろな壁があると、それを乗り越えたいと必死になるから」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「苦労のぶん、相手をより魅力的に感じてしまう」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「障害があったほうが、気持ちが揺れ動くぶん夢中になれると思うから」(24歳/情報・IT/技術職)

障害がたくさんあるのはたしかに大変ですが、それを乗り越えて付き合うことになった相手とは、深い絆で結ばれることでしょう。

障害だらけの恋は、刺激があって楽しい面もありますが、自分の越えられるハードルの高さは認識していたほうがいいかもしれません。あなたなら、「障害だらけの恋」と「障害ゼロの恋」、どちらを選びますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数254件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]