お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

健康状態から子供への影響、遺伝子検査まで! 「結婚する上で気になる相手の健康状態」アレコレ

ファナティック

結婚を意識している彼がいる場合、彼の健康診断の結果を心配する女性も多いのではないでしょうか。今や遺伝子検査で「今後病気にかかる可能性」までわかる時代。今回は働く女性の皆さんに「結婚する上で気になる相手の健康状態」を聞いてみました!

Q.結婚相手の健康状況や家族病歴などを気になりますか?
気になる 80.6%
気にならない 19.4%

8割の人が「気になる」と回答しました。では次に、どんなところが気になるかを聞いてみましょう。

Q.どんなところが一番心配しますか?
婚後生活の円満 44.2%
子どもに対する影響 33.8%
老後の病気 21.9%

「結婚した後に円満な生活が送れるかどうか」を心配する回答が一番多くありました。では、健康の理由で結婚を考え直すことがありえるかどうかを聞いてみましょう。

Q.健康の理由で結婚を考え直すこともありえますか?
ありえる 64.0%
ありえない 36.0%

なんと6割以上の人が「ありえる」と回答しました。それでは「遺伝子検査」について聞いてみましょう。

Q.あなたは遺伝子診断を知っていますか?
いいえ 55.4%
はい 44.6%

遺伝子検査については「いいえ」と答えた人が若干多いという結果になりました。では実際に「遺伝子検査」を結婚前に受けたいかどうかについて聞いてみましょう。

Q.遺伝子検査というのは、遺伝子型を統計的に分析することで、病気の発症リスクや体質がわかる検査です。この検査を結婚前に受けたいあるいは受けてほしいと思いますか?
いいえ 63.0%
はい 37.0%

ここでも「いいえ」と答えた人が6割を超える結果となりました。それぞれを選んだ理由をご紹介します。

<「いいえ」を選んだ人の意見>

■怖い、遺伝子で結婚を判断したくない

・「遺伝子診断は怖いイメージがあるし踏み込んではならない感じがする」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「いまかかっている病気は判断材料になるが、これからの発症リスクが高いがなるかならないかわからないことまでを判断には加えたくない」(33歳/その他/秘書・アシスタント職)

「結婚の決め手を遺伝子で判断したくない」という意見が一番多く見られました。遺伝子診断を「タブーなこと」と感じている人も多いようです。

<「はい」を選んだ人の意見>

■早めにリスクを知って予防したい

・「なるべく早めに知っておきたい。子供を産むにも責任がいるので覚悟がないと産んではダメだと思うから」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「病気の可能性を知っておくことで、それに対して生活環境の改善など事前にできることもあるから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「早めに病気の可能性を知って対処したい」「子どもに影響するかもしれない可能性について知りたい」という意見が多くありました。

「結婚相手には健康でいてほしい」という回答が多かった結果になりました。将来生まれてくる子どものことを考えれば当然と言えそうです。遺伝子検査もそうですが、まずは結婚相手と自分の健康状態をきちんと見てから結婚するのが理想ですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年12月18日~31日にWebアンケート。有効回答数278件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません。

お役立ち情報[PR]