お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

アラサー女子への恋の処方箋! 一日でも早く「失恋から立ち直る方法」5選

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

いくつになっても失恋はつらいもの。むしろ年を重ねてからのほうが、立ち直るのに時間がかかる場合もあります。アラサー女子がどのようにして失恋から立ち直ったか、その方法について聞いてみました。

■美容院に行く

「担当の美容師さん(男性)がいつも私を褒めてくれるので、立ち直るまで美容院に通います。カットだけでなくトリートメントやヘッドスパなどで足しげく通い、褒め言葉のシャワーを浴びれば、心も髪もキレイになった気がするし、そう思えるころには立ち直れている」(29歳/教育)

褒められて伸びる、ではなく、褒められて立ち直るというタイプです。これが好みのタイプからの褒め言葉ならなおよし?

■合コンで出会いを探す

「ベタですが、やっぱり次に目を向けることが大切。合コンに行きまくって、好みの人を見つける。失恋直後が一番肉食になっているかもしません(笑)」(28歳/建築)

失恋をステップにしてよりよい次の恋を見つけるのが、大人女子の立ち直り方なのかも。

■傷心旅行でリフレッシュ

「ひとりで1泊2日の旅行へ出かけます。特に観光するわけでもなく、泣いて泣いて泣きまくる。旅先で思いっきり泣くと、帰るころにはスッキリしています」(30歳/美容)

悲しい思い出は旅先に置いてきて、新たな気持ちで再スタートを切ることができそうですね。

■毎晩飲み歩いて忘れる

「毎晩飲み歩きます。『酒で嫌なことを忘れる』が私の信条なので。うまくいくと、飲みに行った先で出会いがある場合も」(32歳/IT)

飲みすぎて思わぬ失敗だけはしないように気をつけていただきたいものです。

■メモに書き出して燃やす

「彼とのいい思い出も悪い思い出もひたすらメモに書きます。もう何も出てこない、という状態になったら、その紙を燃やします。不思議と、最後のほうには彼の嫌なところしか思い出せなくなるんですよね。燃やしながら、あんな奴と別れて正解だったんだと思えるようになります」(28歳/団体)

終わった恋を供養、といったところでしょうか。火の始末だけは気をつけて!

終わった恋にはきちんとケジメをつけないと、なかなか前には進めないことも。それができてこその大人の女というものなのかもしれません。あなたならどうやって失恋から立ち直りますか?

※画像は本文と関係ありません

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]