お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

会えそうで会えない「中距離恋愛」の乗り切り方4つ

中澤美紀子/OFFICE-SANGA

彼の家は電車で片道2時間弱の距離。遠距離というほどじゃないけれど、すぐに会える距離でもない。日帰りデートだと、ゆっくり楽しめなくて……そんな「中距離恋愛」は、意外と続きにくいと言われています。でも、せっかくつかんだ恋だからじっくり育てたい! そこで働く女性たちに、中距離恋愛の乗り切り方について教えてもらいました。

遠距離恋愛中も彼の心を離さないテク5選

■一方に負担がかからないようにする

・「どちらかの家の近くではなく、お互いの家の近くに交互に行くこと」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「デートは中間距離で合う。それで5年以上続いている」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「会いたがらない。没頭できる趣味を持つ。会いにいくのは順番にする(相手が会いに来てくれたら、次は自分が会いにいく)」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

体力的や金銭的に負担が大きくなりがちな中距離恋愛。大変な面を2人で分担できてからこそ大人の恋愛です。

■どちらかの愛情が強いとうまくいく?

・「どちらかの熱意。今、実際そうだけど、自分は面倒だし意外と高くつくから彼氏の家に行きたがらないかわりに、彼氏がマメに会いに来てくれるからこそ続いている」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「続かないなら続かないでいいんじゃないかと思う。自分の場合、相手の男性が自分のことをより好きでいてくれて、家まで迎えに来てくれるような人じゃないと続かないかも」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

ひんぱんに会えない距離の遠さにくじけそうになっても、相手が変わらず情熱的でいてくれると持ち直せそうですね。

■とにかく会う!

・「まめに連絡を取る。移動時間を苦痛に思わないようにする。特急があるのならばたまには、特急券を買う。交通費のことをあまり考えないようにする」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
・「お互いが住んでいる場所以外でデートするとよいと思います。新鮮味があって楽しいと思います」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「1日5分でもいいので会う」(27歳/不動産/事務系専門職)
・「ネットカフェデートをする」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

1日たった5分だけでも会うのはパワーがいりそうですが、それができるカップルは本物かも。

■彼と会うとき以外の時間の過ごし方も大切

・「自分の楽しみを見つけて、没頭する。もちろんときどき彼と会うときは、その時間を十分に楽しめばいいと思う」(25歳/情報・IT/技術職)
・「LINEとかで写メを交換したり、どういう生活を送っているかイメージしやすいようにして、あまり距離を感じさせないようにする」(31歳/電機/秘書・アシスタント職)
・「異性とかかわらない」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

恋愛上手な女性は彼と会えない時間の使い方も上手そうですね。ほかの異性と接触しないでいれば、相手はとても安心してくれるでしょう。

■まとめ

そのほか、「いっそ同棲してしまえばいい!」というコメントも。通勤時間がよほど長くならない限り、それもありかもしれません。もしくは彼のために転職して、同棲生活をスタートしてみる!? 中距離恋愛は人生を大きく変えるターニングポイントになる可能性がありますね。

(中澤美紀子/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数219件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]