お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

「相性がいい」ってどこで決まるの!? 長続きするカップルの特徴

澤口珠子(婚活・女子力アップコンサルタント)

相性のいい相手の見つけ方

それでは、相性のいい相手はどう見つければいいのでしょう。相性のいい彼氏を見つける方法をお教えします。

相性のいい彼氏を見つける方法

共通の趣味がある

好きなものや趣味が同じ相手とは、感性が近いので相性がいい可能性が高いです。さらに、会話の話題にも困らず、一緒に好きなものを楽しめるので交際も長続きします。ある女性の生徒さんはサッカー観戦が趣味。合コンで学生時代サッカー部だった男性とサッカーの話で盛り上がり、初デートはサッカー観戦へ。その後も2人でサッカー観戦に行き親交を深め、交際がスタートしてかなり経つ今も、2人でサッカー観戦を楽しまれています。共通の趣味があると交際が長続きするいい例ですね。

食の相性が合う

三大欲求のひとつである食欲は、相性のいい彼氏を見つけるのに重要なポイントです。以前、野菜がまったまったく食べられない男性とデートしていた女性の生徒さん。何度かデートしましたが、やはり交際には至りませんでした。デートでのメニュー選びがいちいちストレスになる男性とは交際できませんし、交際しても長続きしませんよね。また、マヨネーズ大好きな彼に毎回手料理にマヨネーズをかけられて、同棲を解消した生徒さんも!

時間の使い方が同じ

長く一緒にいるなら、時間の使い方の相性も大切です。朝型と夜型など、カップルで別々でしたら一緒に過ごす時間が少なくなってしまいますし、連絡する時間もいちいち気にしなくてはならずストレスですよね。気になる男性がいたら、朝型か夜型か、また休日の時間の使い方を聞いてみましょう。できるだけ寝ていたい人なのか、朝早くから活動したい人なのか。自分と同じの人は相性がいいでしょう。

共通点がたくさんある

共通点がたくさんある人は必然的に似た者同士なので、相性のいい人が多いでしょう。出身地や学歴のレベル、お互い育ってきた家庭の環境や大切にしていることなどが似ていると、交際だけでなく結婚にも発展にしやすくなりますよ。

一緒にいて疲れない

長く交際を続けるなら、無理せず自然体でいられること、一緒にいて疲れないことが大前提です。ドキドキ、緊張するのは恋愛初期の最初の3カ月まで。その後は一緒にいて疲れない人が相性のいい相手です。結婚したら24時間一緒にいることも多くなります。一緒にいて疲れる相手とは結婚は無理ですよね。

次ページ:相性最高! 長続きするカップルの特徴とは

お役立ち情報[PR]