お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

去り際がダサダサッ! わたしに振られた男の情けない態度「二番目でもいいから」

相羽亜季実/OFFICE-SANGA

告白されたとき、おつき合いしていたけれど気持ちが覚めてしまったときなど、心苦しいけれどお断りすることがありますよね。そんなとき、男性がスマートに立ち去ってくれたらいい思い出になるのになるですが、最後に思いっきり醜態をさらしていくオトコたちも……。そんな情けない男性のエピソードを働く女性に聞いてみました。

オンナの本心9つ! 「ほかに好きな人ができた」→本当の意味

■ワンモアチャンス!

・「悪いところがあれば直すからと言われた」(31歳/自動車関連/事務系専門職)
・「別れたくないとだだをこねた元彼。とにかくうっとおしかった。私と結婚したくて夜中に神社にお参りして祈願していると言われてどん引きして別れた」(33歳/電機/秘書・アシスタント職)

しつこく食い下がられても、うんざりするだけ。せめて男を上げてから出直して!

■男泣き!

・「振った数週間後にあったサークルの飲み会で泣き出す」(25歳/不動産/事務系専門職)
・「『どこがダメなの?』と泣いていた」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)

男がそんなに簡単に泣くんじゃない! というのは時代遅れなのでしょうか?

■もう終わっていますよ

・「振ったのにずっと連絡をしてくるので、やめてほしいと言うと、逆切れされた」(29歳/その他)
・「やり直したい、とストレートに言わず、日々の雑事をいつまでもメールしてくる」(32歳/その他/事務系専門職)

次のチャンスを待っているのかもしれませんが、かえって嫌われそう。

■捨てぜりふはいりません

・「振ったことを後悔するよと言われた」(29歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)
・「『見返してやるからな~』と涙声で無理にあかるぶって言われたとき、そういうところが気持ち悪いんだよと思ってしまった」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

余裕がないのはわかりますが、どうせならもっとカッコイイことを言ってほしい!

■援護射撃を要請

・「振られたことを私の男友だちに言って、なんとかヨリを戻してもらうように説得してくださいとお願いしていた」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

第三者に説得されて気持ちが動くわけじゃないんですけどね……。

■ポジティブシンキング

・「彼氏を作る気がないと振ったら、オレがダメなわけじゃないんだねと言って翌日から毎日帰り道で待ち伏せされた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

もっと行間を読んでください! 一歩間違えればストーカーですから……。

■どうしてもダメなら

・「幸せになってと言いつつ恋路を邪魔する」(27歳/不動産/事務系専門職)

こうなったら相手が誰でも許せないんでしょうね。

■これは事件です!

・「お前のこと刺しちゃうかもしれないから気をつけてって、気持ち悪いことを言ってきた」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

好きなはずの相手に、どうしてこういうことを言うのでしょうか。思い通りにならないから嫌がらせをするなんてひどすぎます。

■そういうところがダメなの

・「最後にポエムメールを送ってきた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

ポエムを書くのは自由ですが、送ってこないでください……。

■ナンバーワンにならなくてもいい!?

・「二番目でもいいから付き合ってくださいと言われたのですが、こいつにはプライドないんかいなと感じました」(30歳/その他)

オンリーワンと言ってくれる相手を見つけたほうがいいですよー!

■まとめ

振られた相手にすがってしまうなんて、それだけ愛してくれていたのでしょう。でも、それがかえってドン引きする原因になるんですよね。早くその思いを受け止めてくれる別の女性を見つけてくれるといいのですが……。

(相羽亜季実/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数219件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]