お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

こんなに結婚したいのに……! 「婚活疲れ」をしたことがある独女は●人に1人!

結婚したい女性の中には、婚活をがんばっている人もいるかと思いますが、中には疲れを感じている人もいるようです。20代から30代の女性に「婚活疲れ」をしたことがあるかどうか、アンケート調査をしてみました!

Q.婚活疲れをしたことがありますか?

ある 11.5%
ない 88.5%

あると答えた女性が、約10人に1人の結果に。どんな理由からきているのか、詳しく聞いてみることにしました。

■結果に結びつかない

・「しても結果につながらないとき、疲れを感じる」(31歳/生保・損保/事務系専門職)

・「なかなか結果がでないから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「どうしてうまくいかないのかが不明瞭だから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/経営・コンサルタント系)

がんばっているのに結果が出ない。そんなときにはやはり疲れてしまいますよね。いったん婚活はお休みして、気持ちをリフレッシュしたほうがいいかもしれません。

■いい出会いがない

・「なかなか理想の相手と出会えず上手くいかずいったん中止した」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「理想の異性に出会えなかったので」(23歳/その他/事務系専門職)

・「いい出会いが全然なく、気持ちだけが焦るから」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

理想の男性との出会いがなかった、という人も多いようです。人との出会いは縁しだい。焦らず気長に続けるしかないのかもしれません。

■飲み会疲れ

・「毎週飲みに出かけて疲れた」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「たくさんの男性と入れ代わり立ち代わり話すのに疲れたから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「コンパに行きすぎてお金がなくなった」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

さすがに合コンや飲み会が続くと疲れてしまいますよね。いろいろな人に会って話をするだけでも、案外疲れるもの。お出掛けも少しペースを落としたほうが良さそうです。

■自分がわからなくなった

・「出会いを求めるあまり、自分がどうしたいのかわからなくなった」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「何が目的かわからなくなった」(26歳/自動車関連/クリエイティブ職)

婚活しているうちに、自分が本当はどうしたいのか、わからなくなってしまうこともあるようです。自分自身を見つめ直すことも大事かもしれませんね。

婚活疲れは、すぐに結果に結びつかないことからくる、精神的な理由が多いように感じます。焦らずゆっくり相手を探すくらい気持ちの余裕をもって、臨んだほうがよさそうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数183件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]