お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

複雑怪奇な男性心理。男性が好きな女性にそっけない態度をとる理由ランキング「2位:計算」1位は?

小さいころに好きな女の子にいじわるしてしまうのは、男の子の定番心理でした。そして、社会人になってもその傾向は薄れていないとか……!「そろそろ素直に接してよ!」と女子の声が聞こえてきそうです。恥ずかしいなんて理由はもう通用しないよ、と思っていても寛容に受け止めてしまうのが女子。ついそっけない態度をとっちゃう男性の心理を聞いてみましょう。

Q.好きな女性に対してそっけない態度をとってしまったことはありますか?

「ある」50.5%
「ない」49.5%

Q.それはなぜですか?

1位「恥ずかしくて」47.6%
2位「計算」20.0%
3位「その他」20.0%
4位「チャラく思われたくなかったから」12.4%

そっけない態度を取ったことがある人が約半々と、予想以上に多かったです。そして理由も少年時代と変わらぬ「恥ずかしくて」が1位! 好きな相手への接し方として逆効果だと、誰か気づかせてあげてほしいものです! では、そんな逆効果な態度をとってしまった具体的な理由とエピソードを見てみましょう。

1位:気持ちを悟られるのが恥ずかしい

・「わざと彼女に興味のないふりをしたことがある」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「話しかけてくれたのに、適当な相槌をしてしまった」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「本当は好きなのに、照れてしまっていじわるなことを言ってしまった」(25歳/農林・水産/技術職)

恥ずかしくて目を見ないで話すなど、感じの悪さだけが残る可能性もあると思われるこの回答……。このような対応をされたら、距離も縮まりませんし好きになるものもなりませんよね。会話のトーンも低ければなおさら気づけない!男性のみなさんには、ストレートでお願いしたいものです。

2位:恋愛関係に持ち込むための戦略

・「そこまでぞっこんじゃないんだ、と思わせたかった。」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「たまにそういう態度をとったときに、どんなリアクションをするか知りたかったから」(32歳/小売店/事務系専門職)
・「なんとなく冷たい感じをしたら、こっちに興味を持ってくれるかなっと思ったから。」(33歳/その他/事務系専門職)

戦略的な男性はモテモテのはず! しかし、冷たくしたら疎遠になってしまったという結果も……。「アメとムチ」戦法で上手に女性をメロメロにしてほしいですね。

3位:その他の理由から

・「ばれたくないって言うのが本心。会話ではなく一問一答みたいな受け答えになってしまった」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「素直になれなかったので。相手を否定するような言動をしてしまった。」(23歳/機械・精密機器/営業職)

素直になれないという意見が多く目立ちました。好きな相手だからこそ、反対の行動を取ってしまう気持ちもわかりますよね。

4位:硬派な男性に多い?無骨な態度

・「真剣にとってほしい」(30歳/農林・水産/技術職)

・「悪印象を持たれたくないあまり、逆に固くなってしまった。」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「男らしいと思われたくて、そっけない態度を取った。」(33歳/機械・精密機器/技術職)

そっけない態度の裏に隠されていた真剣な姿勢が、いきすぎてしまったパターンですね。男性としてはよかれと思って「あえて」とった行動なだけに、重い残念感が漂っていそうです……。

■まとめ

男性心理は複雑すぎて、解読するは難しいです……。せめて、「好き」という要素をポロっとこぼしつつ、そっけない態度をしてほしいものです!「永遠の少年」とうまく関係を築くには、女性のほうが観察眼を磨くしかないのかもしれませんね?

(大場 杏)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数105件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]