お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女性に聞いた! ぶっちゃけ、「結婚観」は年を取って変わった? 変わらない?

年齢を重ねるとともに、結婚に対する考え方は変わっていくものなのでしょうか? いろいろな経験を積んだり、話を聞いたりしているうちに、少しずつ影響を受けることもあるかもしれません。そこでこんなアンケート調査をしてみました。

Q.年齢を重ねるとともに自分の「結婚観」は変わってきたと思いますか?

「はい」55.2%
「いいえ」44.8%

変わってきた、と答えた人が過半数になりましたが、それでもどちらも同じくらいの割合になりました。どんな風に考えているのか、細かく聞いてみました。

<「はい」と答えた女性の意見>

■あこがれから現実的になった

・「夢だけでは結婚できないと思った」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「いろいろな経験をし、理想と現実のギャップがあることが分かってきた」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「結婚に対して夢を見ていたけど、将来とか考えたらより具体的に現実的になってきたから」(23歳/運輸・倉庫/営業職)

以前は結婚に対して漠然とあこがれていたけれど、年齢を重ねるうちに、少しずつ現実的になってきた、という意見が多く聞かれました。より身近な現実として考えるようになったのかもしれません。

■相手に求める条件が変わった

・「昔は見た目重視だと思っていたが、経済力や性格なども大切であると気付いた」(22歳/医療・福祉/専門職)

・「前は結婚相手にはハイスペックを求めていたが、今はそうでもない」(31歳/生保・損保/事務系専門職)

・「相手に求める条件が増えてきた事です。金銭的な事を考えるようになりました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

結婚相手に求める条件が、年齢とともに変わってきた、という人も。容姿や性格、経済力などの条件も、より現実的なものに変わってきているようです。

<「いいえ」と答えた女性の意見>

■理想は変わらない

・「早く好きな相手と結婚したいという思いは変わらない」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「今までと変わらず、高学歴高収入と結婚したいから」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「昔から楽しい結婚生活したいということは変わらないから」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

相手を選ぶ条件や、結婚生活の理想など、昔から変わらない、と答える人も多いようです。理想や夢を持ち続けるのも、大事なことなのかもしれません。

■昔から現実的

・「昔から安定志向です」(27歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「現実的に初めから考えているから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/経営・コンサルタント系)

・「ドラマのようなものには特にあこがれておらず、穏やかで安らげる結婚生活(平凡な幸せ)にあこがれていたため」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

結婚について、昔から現実的に考えている、という人も。しっかり者の人たちかもしれませんね。

女性が抱く「結婚観」、いろいろな考え方があることがわかりました。考え方がぶれない人もいれば、人に影響を受けて変化していく人もいるようです。結婚についてどう思っているのか。ときには自分の心と向き合って、じっくり考えてみることも大切かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数183件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]