お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男が今まで何とも思わなかった女性を、急に意識した瞬間「胸元のあいた服」「ボディタッチ」

気になる人に最初から好意を持ってもらえればラッキーですが、特に気を引くポイントがなく「その他大勢」になってしまう場合がありますよね。脇役から一歩抜け出すために、ギャップの演出は効果的です。今回は具体例を見ていきましょう。

■服装を変える!

・「胸元のあいた服を着てきて、意外に胸が大きくて肌がきれいだったとき、目がくぎづけになる」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「イメチェンして雰囲気がガラっと変わったとき」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「ドレスです」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

最初に地味だと思われていても、似合う服を身に着けた際に魅力に気づいてくれることがあるようです。

■同じことに興味を持っていることを伝える

・「共通の趣味があったと分かったとき」(25歳/農林・水産/技術職)

・「質問メールが来る」(29歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「趣味があったり共通の話題があるとき。同胞意識を感じるから」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

趣味は人生の彩りです。共通の趣味がある人とは、同じフィールドで生きている感じがしますよね。その他大勢から脱出できます。

■接触して好印象を与える

・「意外といい匂いがしたとき」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「飲みに行ったりして、酔った状態でボディタッチが多いと意識するようになる」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「ふとした表情が可愛かったり色っぽかったりするのに気がついたとき」(30歳/情報・IT/技術職)

遠目に見るよりも、触れられる距離まで近づいてくれる人に魅力を感じやすそうです。

■やさしい面を見せる

・「困ったときに助けてくれたとき。好感を抱くから」(31歳/商社・卸/営業職)

・「具合がわるいときにいつもそっけないのに、優しくしてくれたとき」(27歳/情報・IT/技術職)

・「自分が落ち込んでいるときに励ましてもらったとき」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

意外と見せる場面が少ないところですが、ここぞというときに勇気を出すといいことがあるかも?

男性読者が思う、気持ちが変化する女性のギャップを見てきました。第一印象では脈ナシだった彼も、女性が見せたギャップをきっかけに好意を持ってくれることがあるかもしれません。くじけずに頑張りましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年10月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]