お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

どうして宝くじで1等が出た売り場がわかるの?「売り場は番号を控えてる」

年末ジャンボ宝くじで夢を当てたいですね! しかし、宝くじ売り場に行くと「前回1等が出ました!」なんて張り紙が貼ってあることも。なぜ自分のところで1等が出たのかわかるのでしょうか? 実はアレ、ただのハッタリ?

【萩本欽一流“宝くじの当て方”。的場浩司も当たりくじを確認する。】

■売り場は番号を控えてる

実は、宝くじはその売り場が好きな番号を選んでまとめて購入しているのです。売り場が宝くじを購入する日というものが決まっており、その日にみんな集まって番号を指定して買い付けるのです。当然自分たちで買っているのですから、番号を控えるのは簡単です。

連番で買うことがほとんどですから、何番から何番までの番号を買ったというのはすぐに分かります。そのうえで、10枚単位で皆さんの手元に渡るようにできているのです。

■バラ売りの番号の控え方

宝くじは連番で買う他に番号がバラバラなバラくじも販売しています。これらの番号はどうやって管理しているのでしょう。実はバラくじというのは、連番で買った後に、売り場で組み合わせて袋詰めしています。あらかじめ連番で買ったものを売り場で組み合わせているのですから、番号を控えるのは簡単なのです。

■誰だって自分の売り場で当たりが出て欲しい

そして待ちに待った当選番号発表日。売り場もドキドキしています。当選番号が発表されると、売り場で控えてあった番号をチェックします。それを見て高額当選が出ていたら、すぐに売り場に張り紙を出します。うちの売り場は当たりますという宣伝効果があります。

そんな宣伝をやらないわけにはいきません。

■ロトやナンバーズの場合は?

あらかじめ番号の決まっている宝くじはともかく、自分で番号を決めるロトやナンバーズの場合はどうやってわかるのでしょう? これは、発券する機械に番号や売り場情報が記録されるため、どこで発券したものが当たったかはすぐに分かる仕組みになっているのです。

■まとめ

宝くじがあたった売り場がすくわかる理由は意外と簡単な理由でしたね。みなさんも宝くじが当たるように祈りつつ、夢を買ってみてはいかがでしょうか! 自分の高額当選が当たったことが貼りだされる日が来るかもしれません。

お役立ち情報[PR]