お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

期待してたのに! 男性が「初デートでガッカリした女性のファション」4選

初デートの待ち合わせ場所にあらわれた彼の服装を見て思わず絶句……そんな経験のある女性も多いのでは? でもそれは男性にとっても同じ。せっかくの初デートなのに最悪のスタートになってしまいがちな服装によるマイナスの印象。今回は男性たちに、「初デートでガッカリだった女性の服装」について聞いてみました。

■自分と釣り合わない服装

・「寒い時期にファーの襟巻きをぐるぐるにしてきた女性。短い丈のワンピースにヒールの高い靴だったので、マダムとデートしている気がしてきて早々に切り上げました」(38歳/その他/技術職)

・「ショートパンツをはいてきた。自分が30代だから年を考えてほしい」(32歳/金融・証券/専門職)

デートでは男性と女性の服装が合うか合わないかというのも重要。スーツ姿の彼とショートパンツの彼女って、違和感がありますよね。彼はどんな服装かなぁと考えて洋服選びをするのも相手への気遣いのひとつですよ。

■派手すぎるファッション

・「派手なピンクの服を着てきてセンスが悪いなとガッカリした」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「ヒョウ柄が派手でガッカリした」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

色や柄が悪目立ちするファッションも男性ウケが悪いようです。色や柄が目立ちすぎるということは、自分に似合っていないという可能性もあるので、一度コーディネートを見直してみたほうがいいかもしれませんよ。

■あまりにも普段着すぎる服装

・「仕事帰りだったのか作業着」(35歳/運輸・倉庫/その他)

・「サンダルをはいて来た人がいる」(36歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「デートするような格好でない普段着だったこと」(34歳/情報・IT/営業職)

デートだからといって着飾る必要はありませんが、普段着のまま来ましたというような格好だと彼をガッカリさせてしまいます。少しくらいはおしゃれしたほうが、彼にも喜んでもらえますよ。

■露出が多い

・「露出が多い。普段もそうなのかと考えてしまった」(30歳/電機/技術職)

・「胸が強調されすぎて目線に困った」(27歳/金融・証券/専門職)

いつもこんなに露出してるのかなと疑いの目を向けられてしまいそうなファッションも悪印象。自分の彼女にはあまり露出してほしくないというのが男性の本音のようですね。

自分のためにがんばっておしゃれしてくれたんだと思いたい気持ちがあっても、やっぱり受け入れられないファッションというのはあるもの。デートだからといって、特別気合いを入れなくてもいいですが「彼はどんなのが好きかな」と考えながら洋服を選ぶということも大事ですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年9月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]