お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「何でこんな女を好きになったんだろう……」男性の恋心が冷めた瞬間4選

あのときはあんなに好きだと思ったのに、ふと気が付くと、「なんでこの人のことを好きだと思ったんだろう……」ということ、ありますよね。残念な気付きではあるのですが、おそらく多くの人がそんな経験をしているはず! ということで、男性のみなさんのエピソードを聞いてみました。

■食べ方に問題あり

・「食べ方がくちゃくちゃうるさい」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「そしゃく音を立てて食事してるのを見たとき。イライラする」(31歳/商社・卸/営業職)

食べ方が汚いと、100年の恋も冷めてしまう人もいるようです。最低限のマナーや、きれいに食べるという心掛けは大事ですね。

■お金に関するあれやこれ

・「金遣いが荒い。人の財布のことをまったく気にかけてくれない」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「いきなり金に執着したことを言われたとき」(32歳/金融・証券/専門職)

・「会計でサイフを出さなかった」(24歳/機械・精密機器/技術職)

お金の使い方には、良くも悪くも人間性が出てしまいます。猫をかぶっていても、ふとした瞬間に垣間見えてしまったりするんですよね。

■わがまま・束縛・重すぎる

・「わがままばかり言われたとき」(23歳/その他/営業職)

・「ほかの女性と遊ぶ約束がバレたとき、けったり殴ったりひどい言葉を浴びせられたりと、ひどく責められたときは、なぜこの女を好きになったのだろうと思いました」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「束縛がすごくて冷めてしまった」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「重すぎると感じるとき」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

こんな女性は、友だちだったとしてもドン引きしそう。彼は所有物ではない、ということを自覚していれば、こんな言動は出てこないのでは。

■ほかの男性の存在が見えたとき

・「自分以外にもたくさんお相手がいるんだなーと気付いた瞬間」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「ほかの男性とメールやラインをしているのを見かけたとき。一緒に過ごしていてもそういうメールなどに集中しているとき」(37歳/金融・証券/営業職)

やっぱりふたりの時間は、ほかの男性の存在をにおわせないのがマナーですよね。

とはいえ、自分の欠点をひた隠しにしても、いつかはバレてしまうもの。自分自身も欠点があると認めたうえで、改善する努力をすることが大事ですね!

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年8月にWebアンケート。有効回答数108件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]