お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もう、やばそう……男性に聞く「一見ラブラブだけど実は赤信号なカップル」を見極めるポイント10

働く女性は、一体どんなことを考えてるの? 『恋愛・結婚観』をはじめ、『美容のトレンド』や『おシゴト事情』などを、毎日ランキング形式で発表しています!

見た目には最高のカップルに見えていても、実際のところは本人たちにしかわからないもの。では「『一見ラブラブだけど実は赤信号なカップル』を見極めるポイント」とはいったいどんなものなのでしょう? 社会人男性のみなさんにアンケートを実施しました。

●第1位/「セックスレスになっている」……25.7%
○第2位/「恥じらう気持ちがなくなっている」……22.8%
●第3位/「ケンカを頻繁にしている」……18.8%
○第4位/「お互い仕事中心になっている」……17.8%
●第4位/「友だちに恋人の愚痴を言い出す」……17.8%
○第6位/「『好きだよ』とお互い言葉にしなくなっている」……16.8%
●第7位/「2人のとき、相手の名前をあまり呼ばなくなる」……15.8%
○第7位/「2人でデートせず、友だちを交えて遊んでいる」……15.8%
●第9位/「嫉妬や束縛が激しい」……14.8%
○第10位/「趣味にのめりこみ過ぎている」……12.9%
※複数回答式・第11位以下は略。

第1位は25.7%で「セックスレスになっている」でした。男性にとってもカップルの「セックス」については悩ましい問題のよう。セックスレスの原因は「相手を嫌いになった」「気分が乗らない」などの単純な理由ではない場合も多く、なかなか根深いですからね。

第2位は22.8%で「恥じらう気持ちがなくなっている」。2人でいるのに、ひとりで過ごしているかのような素の自分を出してしまいすぎると、お互いにときめきが少なくなっていきます。新鮮さはカップルにとって必要な要素なんですね。

第3位は18.8%で「ケンカを頻繁にしている」。はた目にはわからなくても、2人だけのときには頻繁にケンカをしているカップルというのは意外と多いもの。そういうカップルは赤信号だと思われているみたい。

まわりから見てすごくラブラブなカップルが突然別れてしまうなんてこと、ありますよね。人にはそれぞれ一見するだけではわからない事情があるもの。ランキングにあるような「赤信号のサイン」を見つけたら、友人としてこっそり支えてあげるのがいいかもしれません。(編集部/佐藤)

※画像は本文と関係ありません。

※マイナビウーマン調べ(2014年8月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]