お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

66.5%の女子が「ランチの時間はひとりがいい」と回答! 「他人と接するストレスから解放されたい」

仕事中にホッとひと息つける時間でもあるランチタイム。ひとりでのんびりランチをする人もいれば、数人でランチに出かける人もいて、過ごし方は人それぞれ。実際、世の女子たちは「ひとりでランチ」と「誰かと一緒にランチ」、どちらのほうが好きなのでしょうか? そこで、ランチのときの過ごし方について、働く女子にこんな質問をしてみました。

Q.あなたは、会社でのランチはひとりで食べたいほうですか? それとも誰か複数で食べたいほうですか?

ひとりで食べたい派……66.5%
誰かと食べたい派……33.5%

<「ひとりで食べたい」派の意見>

■自分ひとりの時間がほしい

・「ランチの時間まで気をつかいたくないから」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「仕事や他人と接するストレスから解放されたいから」(28歳/生保・損保/販売職・サービス系)
・「先輩などに気をつかわず、ひとりでゆっくり食べたい」(26歳/通信/販売職・サービス系)

一緒にランチに行く相手が上司や先輩だと休憩時間でも気が休まらないものですよね。誰にも気をつかわず、のんびりする時間も重要です。

■好きなことをしたい

・「ひと息つきたいし、午前中に来ていたLINEやメールの返信もしたいからです」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「同期とみんなで食べているが、本心はひとりで音楽を聞きながら食べたい」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

仕事中はなかなかチェックできない、携帯のメールやメッセージ。ランチの時間に返信したい! と思っても、誰かと一緒のランチだと、なかなかメールチェックもしづらいですよね。好きな音楽を聞いて過ごしたい! という人も。

<「誰かと食べたい」派の意見>

■人と話してストレス解消

・「ストレス発散としていっぱいしゃべりたいから」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「仕事とは関係ない話をして、リフレッシュしたいから」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「おしゃべりできたほうが、ストレス発散や情報交換ができる」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

午前中にたまった仕事のストレスを、おしゃべりで発散したい人は、誰かと一緒にランチがしたいと思うみたいですね。仕事中に、あまりほかの人と話さないような職種の人だと余計にそう感じるのかも?

■まわりの目が気になる

・「ひとりぼっちだと周囲から痛いものを見るような目で見られるから」(25歳/金融・証券/専門職)
・「本当は気をつかわず気楽に食べたいが、ひとりだとまわりの目が気になるので」(25歳/電気/事務系専門職)

周囲がグループでランチをしている中、ひとりランチをするのは少し勇気がいるもの。本心ではひとりがよくても、まわりの人にどう思われているのか気にしてしまい、誰かと一緒に食べることを選んでしまう人もいるみたいです。

<まとめ>

全体的には「ひとりで食べたい」派のほうが多く、休憩時間は自分の時間を確保したい傾向にありました。ただ、誰かと食べることでいい気分転換になることもあるはず。ときには、同僚とランチに行くなどして、毎日楽しいランチタイムを過ごしたいですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年7月にWebアンケート。有効回答数233件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]