お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女子に聞いた、自分の性格は結婚向き? YES派は「家事好き」「付き合いが苦にならない」「世話好き」

ウエディングドレスとブーケよく未婚の女性が「自分は結婚に向いていない」なんて言うことがありますが、結婚には性格の向き・不向きが、やっぱり関係してくるものなのでしょうか。働く未婚女性に、自分のどんなところが結婚に向いていると思うのか、また不向きだと思うのはどんなところなのかを聞いてみました。

Q.自分は結婚向きの性格だと思う?

「思う」32.6%
「思わない」67.4%

■家事が好きなので、「結婚向き」だと思う

・「割と家事が好きなので。バリバリ働くのは向いてない」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「生活していく手続きや家事が好きだから」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「家事もするし、節約志向だし貯蓄も得意だから。おひとりさまの時間よりも、誰かと過ごす時間のほうが好きだから」(30歳/小売店/事務系専門職)

家事が大好きで、節約や貯蓄など、家庭のためになることが大好きな人は、まさに「結婚向きな性格」。その性格を見込まれて、結婚を申し込まれるチャンスも増えそうです。うらやましい!

■人づきあい、人の世話を焼くのが好きだから「結婚向き」だと思う

・「人の世話を焼くのが好きだから」(27歳/機械・精密機器/技術職)
・「人に合わせることは苦にならないから」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「家事や親戚付き合いもそれなりにこなせると思うし、彼女よりも妻・母のほうが向いていると周りにもよく言われるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

これは性格というよりも才能かも? 人づきあいや人の世話を焼くのが好きという方も、「結婚向きな性格」。しかも親戚づきあいが難なくできるなんて、男性から見てもかなり高ポイントなのでは。

■一方、家事が苦手な人は、自分のことを結婚に向いていないと判断

・「料理が苦手だから。きちんと作れるようになればだいぶ変わると思う」(28歳/不動産/事務系専門職)
・「疲れやすくて自分のことをするので精いっぱいだから」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)
・「何かに付けて面倒くさがりだから。家事はどんどん滞る一方な気がします」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

家事が苦手なタイプだと、結婚にも苦手意識が出てしまいそうですよね。結婚に向いていない性格って、やっぱりあるのでしょうか。確かに上記意見の通り、家事が苦手だといろんなところに滞りが出て、家庭内でもめ事も増えそうかも……。

■飽きっぽい性格、気をつかいすぎる性格からして、結婚に向いていないと思う

・「部活、塾、会社……飽きっぽいのですぐに辞めてきました。結婚生活も飽きちゃうんじゃないかな、と思います。週末婚とかなら良いのかも知れません」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「飽きっぽいので。彼氏にもすぐ飽きてしまう」(24歳/小売店/販売職・サービス系)
・「人に気を使いすぎてしまうので、ひとりのほうが気楽だと思います。もっと自己主張できると良いと思います」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

飽きっぽい性格に、気を使いすぎてしまう性格などなど。人と長い時間をともにする結婚生活には、向いていないんじゃないかと思ってしまう性格もありますよね。こんな性格をカバーしてくれる人に出会えることを、祈るしかない!?

未婚女性は自分の性格が「結婚に向いていない」と考えている人が、若干ですが多いようです。性格ばかりは変えようがありませんから、やっぱり未婚女性にとって結婚は、出会う相手次第……というところが大きいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年6月にWebアンケート。有効回答数190件(22歳~34歳の働く未婚の女性)

お役立ち情報[PR]