お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

女子力アップに最強なのは「ロゼ泡」! 夏のスパークリングワインの楽しみ方とは?

瀬川あずさ

暑い夏はやっぱり、涼やかな気分になれるシャンパンやスパークリングワインが恋しくなるもの。ただ飲むだけじゃなく、シーンに合わせて女性らしい振る舞いで楽しみたいですよね。そこで、レコール・デュ・ヴァン新宿校の主幹講師・瀬川あずささんに、女性の泡モノの楽しみ方を教えてもらいました。

■じめじめした日には、白ぶどうから造られたスパークリングワインを!

「基本的に、白ぶどうから造られたワインは、すっきりしているタイプが多いんですね。一概には言えませんが、フランスのアルザス地方やドイツなどの冷涼地で造られるワインは白ぶどうの比率が高いんです。そうすると、すっきり爽やかなワインができるんです。白ぶどうから作った白ワインを『ブラン・ド・ブラン』と言うのですが、じめじめした日や、より爽やかなものが飲みたいときには、ブラン・ド・ブランを選んですっきりとした味わいを楽しむのがオススメです」

■ディナーのあとのもう一杯には、黒ぶどうから造られたワインがイチ押し!

「黒ぶどうの比率が高いワインは、骨格がしっかりとして、ふくよかな味わいになります。ディナーのあとに、映画でも見ながらもう一杯飲みたいというようなシーンでは、すっきりとした白ぶどう比率の高いものより、ゆっくりと芳醇な泡を楽しむ意味で黒ぶどう比率の高いものがぴったりです。使われているぶどうの品種を見極めるというと難しく聞こえるかもしれませんが、それがブラン・ド・ブランなのか、黒ぶどうが多いのかを意識して使い分けると、楽しみが広がると思いますよ」

■BBQには、赤のスパークリングワインがぴったり

「珍しいものでは、オーストラリアやイタリアで造られる赤いスパークリングワインがあって、これはBBQにオススメです。外でBBQをするとき、シュワッと爽快な泡を楽しみたいけど、お肉の脂っこさを洗い流すタンニン(赤ワインに含まれる成分)もほしいというようなときに赤のスパークリングワインが重宝します。私の場合、塩ホルモンに、ランブルスコというイタリアの赤のスパークリングワインを合わせるのが好きなんですが、ホルモンにも意外と合うんです」

■合コンや女子会には、ロゼのスパークリングワインを!

「ロゼのスパークリングワインは、パチパチと発泡している泡で気分が上がるうえ、やさしく穏やかな気持ちになれるというピンクの色の効果も相まって、ハッピーな気分になれます。また、ロゼのスパークリングワインは、顔の近くに持ってくると2、3歳若く見えると言われています。ハッピーになれて、若く見えるから、まさに女性を上げてくれる飲み物ですよね。たとえば、合コンや女子会など、女子力アップしたいときには、ロゼ泡がいいと思います」

■グラスを持つとき、女性らしさを出すにはグラスの脚を持つのが正解!

「スパークリングワインを飲むとき、グラスのステム(脚)を持つと、すごくエレガントに見えるので、ぜひ意識してみてください。ステムも上よりなるべく下のほうを持ち、指はそろえて小指でちょっと支えるような感じにすると、きちんとした印象に見えます。グラスの丸い部分を持つと、冷えた泡が温まってしまうのと、見た目もくだけた感じに見えるんです。友だちとカジュアルにビストロで楽しむときなどはそれでいい場合もあるかもしれませんが、かしこまったシーンではちゃんとステムを持ったほうが素敵に見えると思います」

女性が覚えておきたい、夏のスパークリングワインの楽しみ方をご紹介しました。ちょっと深く知るだけでも、ワインの楽しみがグンと広がりますよね。ぜひその時々に合わせた泡を選んで、仲間と一緒に素敵なひと時を過ごしてみては?

■ワインスクール「レコール・デュ・ヴァン新宿校」<2014年7月22日開校>

住所/東京都新宿区新宿3-3-1 龍王堂ビル3F
※丸ノ内線・副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」C4出口より徒歩0分
電話/0120-94-8409 平日13:00~21:30、土日11:00~20:00
講座/ワインの知識から料理とのマリアージュまでを学ぶ講座「wine lover」、マナーを身につけワインを気軽に楽しむ講座「プティ・ソムリエ」、初めてワインを学びたい方向けの無料体験セミナーも開催
公式サイト http://winelover.duvin.jp/

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]