お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

グーグル「2014年上半期 話題になったキーワード」ー1位は現在も開催中の『ワールドカップ』

イメージ画像「サッカーボールを蹴る足」

グーグル広報部は、グーグル公式ブログにて「2014年上半期 話題になったキーワード」を発表した。

【歯磨き意識が高い国はサッカー強豪国ー調査結果】

本ランキングは、2014年1月1日~6月30日までに、検索数が急上昇したキーワードを集計し、トップ10を発表したもの。急上昇ワードは、その時々のニュースや話題、流行を反映しているとのこと。

1位となったのは、現在もまだ決勝トーナメントが開催中の「ワールドカップ」。続いて2位に「ソチオリンピック」、3位にはそのソチオリンピックで男子シングル金メダリストとなった「羽生結弦」が続いた。

以下、4位には「小保方晴子」、5位に「妖怪ウォッチ」、6位「塩村文夏」、7位「野々村竜太郎」、8位「マレーシア航空 」、9位「 橋本環奈」、10位「aska」という結果に。詳しくは公式ブログにて確認を。

お役立ち情報[PR]