お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

理想ばかり高くちゃダメ!? アラサー独身女性が婚活で妥協すべきポイント5つ

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

婚活の際、すべての条件が完ぺきな人と巡り会えることは難しいでしょう。また、妥協しなければならない点もあるかもしれません。そこで、アラサー独身女性に、婚活で妥協すべきことについて聞いてみました。

「昔はイケメンが好きだったけど、イケメンはたいてい彼女がいるか既婚者です。だから、顔は思い切って妥協します。顔はあまりイケメンではない人でも、それをコンプレックスに思わず、堂々としている中身がイケメンな人を選びたいです」(28歳/広告)

誰かと話すとき、最初に目がいくのが顔。ですが、顔がイケメンでなくても、立ち振る舞いを見ていて「カッコいいな」と思う男性も多いですよね。

ファッションセンス

「以前、婚活パーティに行った際、ファッションセンスがダサ過ぎる人ばかりで幻滅しました。でも今振り返ると、服は着替えられるのだから、もっと別のよい点を見てあげればよかったと思っています」(27歳/IT)

ショッピングに誘い、「こういう服のほうが似合うんじゃないかな」と、センスのよい服をすすめることを繰り返せば、次第に自分好みのファッションに変えることが可能かもしれません。

髪の毛の量

「肥満は本人の努力でどうにかなるけど、髪の毛の量は仕方がないと思います。女性だって老いには逆らえないので……」(29歳/出版)

肥満であれば、運動や食事制限をするなどの対策ができますが、薄毛の対策は個人によって差があり、必ずしも髪の毛が増えるとは限りません。本人の努力でどうにもならない部分は、理解してあげるべきですね。

年齢

「最近は、50歳近い人でもいいかなぁと思っています。年の差カップルもあまり珍しくない時代だし、年齢はあまり関係ないと思うようになってきました」(32歳/飲食)

精神年齢での相性がいいのなら、実際の年齢差は気にならないのかもしれませんね。

バツイチ

「今の時代は離婚する人も多いし、バツイチでもかまいません。バツイチは抵抗がある人もいるかもしれませんが、一度結婚生活を経験している人のほうが余裕を持っていて、うまくいくような気がします」(31歳/アパレル)

バツイチのほうが、同じ失敗を繰り返さないために努力や我慢をしてくれると聞いたこともあります。バツイチでも相性が合う人なら気にしないほうがいいかもしれません。

若いころは最優先していた条件でも、年齢を重ねると、優先順位が変わってくる傾向にあるようです。あなたは、アラサー女子が婚活で妥協すべきことはどんな点だと思いますか?

(姫野ケイ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]