お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子に聞く! 追う恋と追われる恋、どっちが好き?⇒「追われる恋 56.7%」

女子からすると、恋をするなら、男子からアプローチされるのが王道という気がします。では、男子にとっては、追う恋と追われる恋、どちらかいいのでしょうか? 働く男子にホンネを聞いてみました。

Q.自分から追う恋と女子から追われる恋、どちらが好きですか?

女子から追われる恋……56.7%
自分から追う恋……43.3%

なんと、「女子から追われる恋」が、「自分から追う恋」を抑える結果に! 男は恋のハンターというDNAはどこに行ってしまったのでしょうか? それぞれを選んだ背景を探ってみましょう。まずは「女子から追われる恋」を選んだ男子たちのコメントです。

■うれしいから

・「モテてる感じがするため」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「求められるとうれしい」(37歳/通信/技術職)

追われている恋はモテ感がしてうれしいもの。でもときには自分から踏み出す勇気も持ってほしいですね。

■楽だから

・「追われる恋のほうが楽そうだから」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「追うと言っても何をしていいのかわからないので」(29歳/医療・福祉/その他)

・「自分から追うのは疲れそうだから」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「自分から言えないタイプなので」(32歳/機械・精密機器/技術職)

確かに恋はときとしてつらいものだけど、「楽だから」追われる恋がいいというコメントが目立つのはちょっとじれったいですね。「草食なので」(29歳/電機/技術職)と自らあっさり認めるコメントも。

続いて「自分から追う恋」を選んだ男子たちのコメントをご紹介します。

■ハンターでありたい

・「男はハンターだもん」(36歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「恋なら自分で追いかけるほうがいい」(26歳/建設・土木/技術職)

・「どこまで踏み込めるか、自分で手綱を握っているのが楽しい」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「好きな人を追う分には全然苦にならない」(24歳/金融・証券/営業職)

・「女子から言われても、手に入れた感じがしないから」(32歳/機械・精密機器/技術職)

やはり男たるもの、恋のハンターであらねば! 自分が狙った獲物を手に入れたときの達成感は何者にも代えがたいのですね。が、残念ながらこのようにはっきり答えてくれた男子たちは少数派なのでした。

■追われるのは重いから

・「追われるとウザく感じてしまう」(31歳/金融・証券/専門職)

・「追われるとちょっと怖い感じがする」(35歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「相手からグイグイ来られると疲れる」(24歳/機械・精密機器/技術職)

こちらは、女子のほうからグイグイ来られるのは苦手だから、自分から追いかけたいという男子たち。確かに重すぎるアプローチは引かれてしまいがちですね。

もちろん女子が追いかける恋はアリありだけど、「追われる恋」が楽だからいいなんて考えてる男子が多いのはちょっと寂しいですね。なかなか恋が始まらない人は、男女ともに「追われる恋がいい」と思っているのが原因かも? お互いに踏み出す勇気は必要ですね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年5月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]