お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 節約・貯金

相手に求めすぎ!? 結婚前の貯蓄、男性に希望する額は? 「1000万円以上⇒14%」

男性結婚式や新生活のスタート。結婚には何かとお金がかかるものです。結婚するにあたって、男性にためておいてほしい、と思う貯金額はいくら位なのでしょうか? ズバリ、働く女性にその金額を聞いてみました。

Q.結婚前に男性にためておいてほしい貯金額はどのくらいですか?

50万円未満 3.5%
50万円以上100万円未満 4.0%
100万円以上300万円未満 23.0%
300万円以上500万円未満 31.0%
500万円以上700万円未満 21.5%
700万円以上1000万円未満 3.0%
1000万円以上~ 14.0%

300万円以上500万円未満が1位の結果に。ただ、希望の貯金額には、人によってかなり幅があるようです。その理由も聞いてみましょう。

■100万円未満でもOK。一緒に働けば何とかなる!

・「お金がなくてもお互い働き、ためればいい」(29歳/商社・卸/事務系専門職)
・「自分が貯金してるから借金さえなければいい」(32歳/医療・福祉/専門職)

相手だけに頼らず自分も頑張る、という女性の意見が多く聞かれました。

■100万円から300万円。最低でもこれだけはほしい貯金額

・「新婚旅行と新居の準備などで、そのくらい必要かなと思った」(33歳/その他/その他)
・「最低限の貯金はあってほしい」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

新しい生活を始めるにあたって、最低でもこれくらいはあってほしいという貯金額のようです。

■300万円から500万円。少し余裕をもってスタートしたい

・「少し余裕があるというくらいでないと何かあったときにこわいから」(30歳/その他/事務系専門職)
・「挙式や新生活をともにするにあたって、これくらいは貯金しておいてほしいと思う額だから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

結婚式、新生活。少し余裕をもっておきたい、という人は、これくらいの貯金額を考えているようです。

■500万円から700万円。自分よりも多くためておいてほしい

・「自分が結婚前にそれくらいためていたから」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「自分が持っている以上あって欲しい」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

この価格帯を希望する女性は、しっかり貯金している女性の意見が多いのが特徴。自分よりも多く貯金していてほしい、という意見が多数聞かれました。

■700万円以上。先々を考えれば、多ければ多いほどいい!

・「たくさんあればあるほどいい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「子どもができたり、引っ越したり、家を購入したり、とお金は必要」(32歳/医療・福祉/専門職)

マイホームの購入、出産、育児など、先々のことを考える人たちの回答が多くみられました。

まとめ

人によって考える理想の貯金額には幅があることがわかりました。その中で、自分もしっかり貯金している、という意見が多かったのが印象的です。相手だけに頼らない頑張る女性の姿も見えてきたような気がします。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5月にWebアンケート。有効回答数197件(22歳~33歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]