お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 花嫁の心得

男性に聞く! 結婚して家事をひとつ担当するなら「料理」「洗濯」「掃除」「買い物」どれを選ぶ?

結婚したら、旦那さんにも家事を協力してもらいたいと考える女子もいるはず。でも、男性は「家事が苦手」と言いますし、何をお願いすればいいかは迷うところ。そこで今回は、社会人男性に料理・洗濯・掃除・買い物のうち、どれかひとつだけ担当するならどれを選ぶのか聞いてみました。

Q.あなたは、結婚して家事をどれかひとつ担当するなら、次の4つの中からならどれを選びますか?
●1位/洗濯……32.7%
○2位/買い物……28.7%
●3位/掃除……22.8%
○4位/料理……15.8%

■1位「洗濯」
・「気持ちがさっぱりするし、簡単だから」(35歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)
・「基本的には洗濯機がやってくれるから」(31歳/食品・飲料/営業職)
・「普段しているから慣れている」(28歳/機械・精密機器/技術職)

基本的には洗濯機がやってくれる、という手軽さがもっとも多くの支持を得たポイントのよう。毎日のルーティンワークとしても苦にならないと考える人が多かったです。ただ、洗濯も素材によっては手洗いのものだったり、干し方などもいろいろあるので、こだわり出すとなかなか大変です。

■2位「買い物」
・「重いものを持つのは、男の仕事だと思うから」(30歳/商社・卸/営業職)
・「買い物ついでに、あちこち外出できるので」(31歳/機械・精密機器/技術職)
・「会社帰りとかでもできそうなので」(34歳/通信/事務系専門職)

家事全般が苦手でも、「買い物ならできる」と選ぶ男性が多数。また、外に出ることが気晴らしになるという意見も挙がりました。

■3位「掃除」
・「キレイ好きなので」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「掃除が好きだし、得意なので」(35歳/その他)

上位2つの家事とは異なり、掃除を選んだ男性は「簡単だから」ではなく「好きだから」という理由が目立ちました。

■4位「料理」
・「料理が好きだから」(28歳/農林・水産/事務系専門職)
・「作っていて楽しそうだから」(27歳/金融・証券/営業職)

4つの家事の中で人気最下位となった料理ですが、料理好きな男性なら、快く引き受けてくれるみたいです。

全体的には、負担の少ない家事を好む傾向にありました。結婚したら、「家事は分担したい」と考えている人は、今回の内容を参考にしてみてはいかが?

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年4月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]