お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

「何だかやる気が出ない……」GW明けに陥りがちな働く男女の憂鬱あるある

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

新年度を迎え張り切っていた人でも、ゴールデンウイークの時期に差しかかると「なんだかやる気が出ない……」という気分になる人も多いのでは? 働く男女に「連休明けに出がちな症状」について聞いてみました。

■仕事関係の人に会いたくない

「連休明けに職場の上司や同僚の顔を見ると胃が痛い。怒られるわけでもないし、嫌いなわけではないけれど、ただただ気が重い……」(22歳男性/商社)

嫌いなわけでなく、どうしてもつらい仕事のイメージと重なってしまうため、気が重くなってしまうようです。

■平日がはじまったことにショック

「連休が明けて朝が来ると『ついに平日がはじまってしまった……』と愕然とする。連休中はずっと布団にこもっていられたのに悲しい」(22歳男性/IT)

連休明けにありがちな症状の代表格。こうなりがちな人は、前日のリハビリが必要かもしれません。

■まわりがキラキラして見える

「久しぶりに仕事場に行ってがんばっている人たちに囲まれていると、自分だけおいていかれた気分になって落ち込んでしまう」(24歳女性/飲食)

自分もがんばりたいけど体がついていかないという、理想と現実のギャップに疲れてしまうのかも。

■漠然とした不安を感じる

「好きな仕事だから楽しいはずなのに、連休明けの初日はとにかく不安でたまらない。そんな自分に自己嫌悪にもなる」(26歳女性/出版)

連休明けはなかなか調子が出ないということもあります。自分だけが不安なんじゃないと思うことが大切かもしれませんね。

新年度の忙しさが落ち着きはじめたこの時期は、「毎年このシーズンは風邪を引きやすい」(24歳/アパレル)といった意見もあり、誰もが心身ともに弱りやすい季節なようです。みなさんが連休明けに出がちな症状は何ですか?

(藤田佳奈美+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]