お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 北欧スタイル

GWはノルディック・ウォークでお散歩ダイエットを!?

雪が降っているわけでもないのに、スキーのときに使うようなストックを両手に持ち、街中を歩いている人を見たことはないでしょうか? このスタイルはノルディック・ウォークと呼ばれる新しいスタイルのウォーキング・エクササイズです。これは一体どのようなものなのでしょうか?

■日本に伝わったのはつい最近

ノルディック・ウォークが始まったのは、1930年代。もともとはスキーのオフシーズンに行うトレーニングのひとつとして、北欧のスキー選手たちを中心に行われていたものでした。このトレーニングが本格的に普及してきたのは1990年代。日本に伝わってきたのは、それよりも後で、極めて最近のことです。そのためノルディック・ウォークで街中を歩くと、まだまだ珍しい姿に映ることも多いようです。

■フィットネスやエクササイズに効果あり

このノルディック・ウォークは、日本では主にフィットネスやエクササイズの目的で行われています。フィットネスというくらいだから、きっと体に何かいいことがあるはず。そうです。ノルディック・ウォークは通常のウォーキングよりもカロリーを消費しやすいと言われており、さらには全身運動で筋肉を多く使うことから、筋肉を鍛えるのにも、また全身運動で血流をよくして健康な体をつくるといわれています。

■ストック2本ではじめよう

ノルディック・ウォークに必要な道具は、ノルディック・ウォーク専用のストックが2本。「登山用のストックなら持ってるよ」という方もいるかもしれませんが、それぞれ構造がちがうため、兼用は避けたいところ。そのほかはウォーキングに適したシューズや衣服があれば十分。こだわる方はストックにつけるプロテクターやバンド、歩数計などを用意するようです。ちなみにノルディック・ウォーク用のストックは、長さが身長×0.68のものを使用するのが基本です。身長160cmならストックの長さは108.8cmですね。

ストックを手にしたらストラップを手首にかけて固定し、グリップの部分を親指と人さし指の間で軽く挟んで握ります。踏み出す足と反対側のストックで、体を前に押し出すだけ。腕のスイングにまかせ、姿勢を正して歩きましょう。

ノルディック・ウォークはやや早歩きのウォーキングよりもカロリー消費量が多く、心拍数も上がりやすい全身運動。血流改善やダイエットにうってつけですね! ノルウェーの人は、とっても散歩が大好きな人が多いそうです。ノルウェーの人にならって、楽しくお散歩気分でまずははじめてみては?

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]